痛みとこりにビワ温灸

福島県郡山市 吉岡久光 さん


「いや本当にビックリです。ビワの鎮痛効果には感謝、感謝です。母も『あんなに痛かったのに全然痛くない』って喜んでいました」

というメールをくださったのは、腰椎分離すべり症の40代前半の女性です。
この女性のお母さんは60代で変形性膝関節症とのことでした。

まだ指導員講習の体験リストに挑戦中だった私は、「この前来られた方は、辛くて階段が上れなかったのに帰りは痛みが消えて楽に階段を降りることができたんですよ」と話しながらも、『この人も同じように喜ばれるだろうか・・・』と内心、不安を感じながら温灸器を手にしていました。

ビワの葉には鎮痛効果があると学びながらも、まだ半信半疑だったのだと思います。
体験者リストが46人目を数え、この女性の改善によりやっと確信らしいものが生まれ、それはやはり感動的なことでした。

なお、ビワ温灸はいずれも基本のツボに加えて患部(痛い箇所)を丁寧に温圧体験して頂きました。
前述の「楽に階段を降りることができた・・・」というのは、30代になったばかりの女性です。

背中、肩、腰のコリがひどく、半年前にはサッカーで膝を傷めて階段の上り降りなどで右膝に痛みが出ていたのですが、ビワ温灸で痛みが取れたのでした。

50代前半の女性・Tさんは、1年半前に直腸ガンの手術をしています。
術後は良好で復職していましたが、糖尿病も患っており、インスリン療法で治療中でした。

現在、最も辛いことは肩と足と指(親指)の痛みだそうで、ビワ温灸を体験して頂きました。
腰から背中、首へと順に上部に向かって温圧を進めたところ後頸部の「天柱」のツボまで行かないうちに、曲がらなかった親指が曲がるようになり、痛みも取れたと言われました。

40代前半の女性は、頸から肩甲間部、腰に至るまでコリがひどく、さらに左手中指の第二関節が横に動かすと傷むため医師に診てもらったところ「リウマチではないがリウマチになるかもしれない」と言われたそうです。

Tさんの話を聞き、本当にビワが良いかどうか確かめようと考え、温圧体験の前に密かに中指を動かして痛みの具合を確認していたそうです。
『体験が終わって痛むようならビワ温灸もそれだけのものだから・・・』といった気持ちだったそうです。

ところが途中、背中に当てている頃から指を動かしてみると痛みが取れていたというのです。
この方は、体験リストの48人目でした。
この時点では、私にはもう確信のようなものが生まれていたので、それを聞いても少しも驚かずただ喜びを感じました。

体験リストの期間を通して何人もの方が喜ばれる様子を見て、私自身も喜びが得られ感謝しています。

ちなみに、私はビワ温灸を行なう際、患部に当てるときは河野大圭禅師の方法をヒントに『良くなりますように』と念じながら当てるようにしています。

◎連絡先
福島県郡山市久留米2−114−1−207
TEL:090−4556−3387

◎「吉岡久光さん」に関する体験談
『ビワと健康』  2007年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 痛みとこりにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入