タンポポ健心館

千葉県千葉市花見川区幕張本郷7−16−9 TEL:043−273−4691


じっくりと時間をかけた丁寧な施療により納得のいく”癒され感”を味わうことのできるタンポポ健心館。

遠藤実代表の温厚な人柄と親身な施療にひかれて口コミ客が定着し、最近は家族ぐるみで通うケースも珍しくないという。

満足できる施療の一つの柱を担っているのがビワ温灸で、開業当初からフルに活用されている。
施療の様子やビワ療法の魅力について話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    もともと健康には関心があり、人様のお役に立てる仕事をしたいという願望がありました。
    サラリーマン時代に整体の学校を見学したことが直接のきっかけとなり、周りに独立する人がいたことにも感化されて一念発起、この道を選択しました。

  • 開業からどれくらい経ちますか?
    5年になります。最寄り駅から徒歩では少し距離があり、それほど立地が良いわけではありませんが、地元の方ばかりでなく遠方から訪ねて下さる方もいて有難く感じています。
    口コミが大半で友人や知人、家族ぐるみで来てくださる方も少なくありません。

  • 施療の特徴は?
    整体、足裏反射、ビワ温灸の三つの療法で施療します。その方の症状によって二つ、もしくは三つを組み合わせます。楽になって頂くことを最優先にていねいな施療を心がけ、十分に時間をかけています。平均すると1時間半〜2時間くらいでしょうか。
    物足りなさが残らない納得できる施療、それが一番の特徴だと思います。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    開業にあたり、様々なニーズに対応できるよう整体と併用できる療法を選定する中で足裏反射とともに学んだのがビワ療法でした。
    伝統に裏打ちされた確かな実績があり、遠赤外線の温灸器の扱いやすさも気に入りました。ビワ自体の有効成分やツボへの刺激に加えて、温熱の効果が大抵の症状でアドバンテージとなり成果をあげています。
    開業時から欠くことのできない主要な療法です。

  • ビワ療法を用いた改善例は?
    肩こり、腰痛、胃の不調、冷え性など様々です。特に冷え性などはビワ温灸を施療のメーンにして背中や腹部などにしっかり当てます、また不定愁訴やリラクゼーションにも大いに活用しています。癒しを中心にした施療時の流れとしては、足湯・足裏反射・整体・ビワ温灸の順で行なうことが多く反応も良好です。

  • 自己ケアのアドバイスもしますか?
    症状と生活習慣は密接に関係しており、同じ症状を繰り返さないためにも自己ケアは大切です。
    腰痛や肩こりに関連したプリントを手渡すなどできる範囲でのアドバイスをさせて頂いています。

  • 信条を一言。
    笑顔で帰って頂けるよう最善を尽くすことです。


◎「タンポポ健心館」に関する体験談
『ビワと健康』  2003年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > タンポポ健心館
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入