乳ガンの再発予防に有効

枇杷葉温圧町田道場 加藤友子 指導員


現在、当道場に通う方々の内訳は約4割が子宮系のガンや筋腫、乳ガンなど、約3割が更年期障害、そして残り3割が腰痛や冷え性、病名のつかない不調といった症状で、全体の8割方が女性です。

子宮系のガンや筋腫、乳ガン等の方々は、手術前、手術後いずれも来られています。

特に乳ガンの術後に再発予防を目的に通われる方は多く、定期的にビワ温灸を続けることで腫瘍マーカーが少しずつ下がり、基準値内に収まっている例が目立ち、7年以上通われている方も珍しくありません。
通う頻度は個人差があり、週1回であったり月1回であったりしますが、とにかく皆さんコツコツと通っておられます。
ビワ温灸を行なう部位は、乳ガンだからといって胸周りばかりとは限りません。胸周りは勿論、背中や肝臓、お腹周り、違和感のある箇所、押すと痛む箇所などにも丁寧に施療します。

30代後半、子宮筋腫の方の例を紹介します。
この方は始め疲れ目で来られました。専業主婦ですがパソコンに向かうとドライアイがひどく、疲れ目で困っておられました。
ビワ温灸を行なうことで疲れ目が改善し、点眼も頻繁にする必要がなくなりました。

その後、生理痛が軽くなり、足裏の冷えも取れてきて、さらに子宮筋腫が改善しました。
子宮筋腫では、いくつかの病院にかかり、「すぐに手術が必要」と判断する医師もいれば、「もう少し様子をみましょう」と言う医師もいて、どちらにしても手術のボーダーライン上にあったそうです。

この方はうちに通い始めて3年になりますが、1年余り経った時点で「手術が必要」と主張していた医師から「今の状態なら手術はしなくても大丈夫」と言われるところまで改善したのです。

また、更年期障害の女性(50代)は、のぼせに加えて喉に異物感がありました。
10日に1回のペースで通われ、半年ほどで喉の異物感を忘れるところまで改善しました。

ガンの方と違って強く冷えていたわけではないのですが、それでもお腹(へそ下)が冷えていました。
どんな症状であれ、ビワ温灸で急激に好転する人はむしろ希で、大抵の場合、継続することで改善しています。

◎枇杷葉温圧 町田道場
東京都町田市町田6−11−14
TEL:042−720−3601

◎「枇杷葉温圧町田道場」の体験談は以下のとおりです。
『ビワと健康』  2006年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの再発予防に有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入