肝臓、膀胱ガンが消滅

東京都町田市 枇杷葉温圧町田道場 加藤友子 指導員


1年ほど通われて肝臓ガンが改善した70代の女性がおられます。
この方は10年前に乳ガンの手術をされ片方の乳房を切除しておられました。

転移かどうかはわかりませんが、内視鏡等の検査の段階で辛さに耐えかねて病院を飛び出し、娘さんがうちを見つけて訪ねられたとのことでした。

手術も抗ガン剤治療も拒否したわけですから、病院では「半年もちませんよ」と言われたそうです。
週4回の頻度でビワ温灸を始めました。1回の温圧にかける時間は2時間弱、丁寧に行ないました。

膝から下が非常に冷えており体力がなくなっていました。
うちはエレベーターなしの4階なので、やっとのぼれる状態でした。
それでもきちんと通われ、3、4ヶ月経ったころには目に見えて元気になられ、驚いたことに病院の検査で5、6個あった腫瘍が全部消えていたのです。

このころには階段も楽々上がることができるようになり、週4回だったビワ温灸を2回に、さらに1回に減らしていき、1年間通われました。
ご本人が「スキップしたいくらい」と言われるほど元気になられました。
なお、本人も自宅でビワ温灸や足湯を行ない、よく養生されたことを付け加えておきます。

劇的な例としては、膀胱ガンを克服した男性(60代後半)もおられます。
この方は再発によるもので手術の日程も決まっていました。腫瘍は小さいものの痛みが激しく、とにかく体に良いことをしてみようということでビワ温灸を始めました。
週1回の頻度でしたが、ご自宅では朝昼晩、暇さえあれば毎日ビワ温灸を続けられました。

粘り強く頑張られた結果、検査の度に腫瘍は退縮し、半年間の集中的なビワ温灸によって腫瘍は消え、手術の必要がなくなりました。
この方も足が冷えていましたので、毎回1時間半くらい入念にビワ温灸を行ないました。
通い始めて3年経った今も通っておられます。

ガンの方は共通して冷えています。しっかり温めることが肝要です。
この二例は、劇的で印象的な改善例でしたが、ビワ温灸は腰痛や肩こり、更年期障害といった症状ではてきめんで、それらについては数え切れぬほどの改善例があります。

◎枇杷葉温圧町田道場
東京都町田市原町田6−11−14 菊甚ビル4F
TEL:042−720−3601

◎「枇杷葉温圧町田道場」の体験談は以下のとおりです。
『ビワと健康』  2005年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肝臓、膀胱ガンが消滅
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入