瀕死の猫がビワで復活!

愛知県名古屋市 アルテミス・シオン 塩谷紹子 代表

当サロンではアロマセラピーとリフレクソロジーの施術をメーンにビワセラピーを併用することでお客様にとても喜ばれています。

若い女性にとって小顔は美しさのキーワードになっていますが、年齢層に関係なく顔のむくみを取ることは大切なポイントです。

通常はアロマセラピーで顔やデコルテ(胸の上部)等にマッサージを行なってリンパを流し、むくみを取るわけですが、ここにビワセラピーを併用すると一層リンパの流れがよくなり小顔効果が倍増します。

施術は、10分間のビワセラピーの後、ローズオイルを用いたアロマセラピーを20分間行ないます。

顔とデコルテ、さらに頭、肩、腕など上半身全体に行なうと顔も頭もすっきり、肌の調子は良くなり、ストレス解消、リラクゼーションという観点でも大変有効です。

また、ビワセラピーは施術でも威力を発揮します。
膝痛が改善した70代の女性がおられます。
階段の上り降りや立ち上がった瞬間に痛むといった状態でしたが、全身のツボと膝周辺に約1時間の施療を週1回のペースで行なったところ、3回で完全に痛みが消えました。

30代後半の女性は子宮筋腫でビワセラピーを続けています。
月1回の施療なので改善までは至りませんが、それでも筋腫は拡大せず、生理痛が楽になったと喜んでおられます。

ビワセラピーは動物にも有効です。
1年前、うちの猫(オス、8歳)が排尿できなくなったとき、ビワ温灸で救われました。
動物病院での医師の言葉は「もしかしたら駄目かもしれません」というショッキングなものでした。

ぐったりして食事も摂れず、体力が相当落ちていたからです。
帰宅後、『ビワ温灸が良いのではないか・・・』と思いすぐに試しました。
嫌がるのではないかと懸念しましたが、もはや抵抗する気力さえなく、されるがままでした。
お腹と背中に施療したところ、翌日ものすごい量の尿が出ました。普段はトイレで排泄しますが、その日は玄関先で突然、おもらししてしまいました。

本人もビワ温灸が良いと感じたのでしょう。それ以来、座布団の上にタオルを敷き「ビワ温灸してあげるよ」と言うと、とことこ近寄ってきてパタリと横になり、自分から手足をバーンと伸ばしてお腹を出すようになったのです。

尿が出始めるとほどなく食欲も回復し、すっかり元気になりました。
4、5日経つとビワ温灸に誘っても『もう、いい』といった表情で来なくなりましたが、念のためしばらく続けました。
数日前に命が危ないと言われたことを思うと本当に劇的な改善でした。

身体にやさしく、しかも確実に効果を発揮するビワ療法ですから、これからも普及に努めていきたいと思います。

◎アルテミス・シオン
愛知県名古屋市中区栄2−12−22 ウィンコート白川302
TEL:052−231−4471


『ビワと健康』  2004年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 瀕死の猫がビワで復活!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入