風邪で実感する種の力

高知県高知市  岡本鍼灸整骨院 岡本登志夫 院長

ビワの種やお茶は手軽で扱いやすく、経絡治療を行なう際に妨げとなる体内の汚染物質を排泄してくれる働きがあります。

当院では、ビワの種を呼吸器系や胃炎、婦人科系、糖尿、肝臓病、ガン等の症状の改善に施術と併用することでお勧めしていますが、私自身ずっとビワの種とお茶を愛用しています。

ビワの種を摂取する場合、個々人の症状によって適量があり、多すぎても少なすぎても効果が発揮されにくくなります。

私にとっての種の量は、錠剤タイプのもので1日3回。1回につき3粒を朝昼晩飲んでいます。
ここ数年、家族ともども種とお茶を続けていて感じるのは、風邪をひいても寝込むようなことまで至らないということです。

パワー不足のとき、ビワの種を飲むと気が上がるというか、マイナスにならずプラスに転じるのがよくわかります。
風邪をひきかけても治りが早いので、抵抗力が強まっていると思います。

◎岡本鍼灸整骨院(ご紹介はこちらです。)
高知県高知市潮新町1−13−5
TEL:088−832−0292

◎「岡本鍼灸整骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2004年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 風邪で実感する種の力
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入