C型肝炎、膵臓病が治った

大阪府東大阪 監物ミチ子 さん (48歳)

7年前、腎臓病で入院しました。

血液の巡りが悪く、身体全体がむくみ体重も10kg増えてしまいました。

当初は腎臓治療のため入院したのですが、検査の結果、胆石がたくさん出来ていることが判明し、結局手術で胆嚢を全部取り除いてしまいました。

退院後も、肝臓や膵臓の調子が悪くなり、昨年5月の検診で、C型肝炎になっていることが判り、さらに膵臓も腫れていることが判りました。

この頃から、「私はガンじゃないのか…」との思いが頭をもたげ始め、さまざまな本を読みあさり、1人不安に陥るようになりました。

そうした中、たまたま本屋で見つけた『枇杷の葉パワー健康法』を読み、ビワがガンに効くことを知った私は、2ヵ月間、朝晩、生の種を食べ続けました。苦くて苦くて、とても食べられたものではありませんが、とにかく必死でした。

その後、焙煎した種があることを知り、切り替えて続けたところ生理痛が軽くなり、子宮筋腫からくる持病の腰痛もずいぶん楽になりました。
このことで、「ビワは確かに効く」と確信が持て、温灸器を購入しました。

体調好転反応

早速、毎日温灸を当てたのですが、下痢はするは吐き気はするはで、しばらくの間、3日に1度の温灸が精一杯でした。
どうもそれらの症状は《体調好転反応》だったようです。(体調好転反応についてはこちらをご覧下さい)

身体の調子は日に日に良くなり、驚いたことに9月の検査では膵臓も肝臓も正常に戻っていました。医師から「心配ありませんよ」と言われたときには、本当に嬉しく思いました。
以前の私は、外出先から帰ると辛くて横になっていたのですが、今ではすっかり元気になり、最近は友人にもビワを勧めています。

不安におびえていた頃がまるでウソのようで、心から感謝しています。

『ビワと健康』  96年2月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > C型肝炎、膵臓病が治った
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入