慢性腰痛に即効性を発揮

埼玉県八潮市 荒木俊策 さん (医師・38歳)

15年ほど前、腰を痛めたのをきっかけに年一度の割合で《ぎっくり腰》を繰り返すようになりました。
私の場合、特に冬場になることが多く、2日間は寝たきり、3日目からはコルセットすれば仕事ができ、大体1週間ですっきり治るパターンでした。

ところが7〜8年前からは「仙腸関節」が痛み出し、いわゆる《慢性腰痛》に悩まされるようになりました。
腰に体重がかかる姿勢を続けるのが辛く、1時間も座っていると立てなくなるのです。
次第に症状は重くなり、3年くらい前からは、映画を観ることも車を運転することもままならなくなりました。
しかし、痛みはそれだけで収まりませんでした。

1年くらい前から背中も痛み出し、続いて首や頭、さらには左顔面が吊るような痛みに襲われるようになりました。
また、胸に圧迫感を覚え、大きな声を出せないばかりか、人と話をするのさえおっくうになってしまったのです。
カイロプラクティック、鍼灸、気功…。いろいろやってはみましたが、一時的に良くなっても2〜3日で元に戻ってしまうのです。
2年前には整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。結果は異常なし。腰痛体操のパンフレットをもらっただけでした。

痛みの激しさが増すにつれ不眠症にも悩まされるようになり、最悪の状態を迎えた10月初め、偶然、秋津駅前の本屋で『枇杷の葉パワー健康法』の本に目が止まり、買ってすぐ電車の中で一気に読みました。
それというのも以前に一度、友人から棒もぐさのビワの葉温灸を受けたことがあり、良く効くことを知っていたのです。
南越谷駅で降りるなり、ビワの葉温熱療法普及会に電話をかけ、温灸を当ててもらえるか尋ねたところ、日曜日だったのですが快く「できますよ」と言っていただき、すぐに温灸手当を受けることにしました。

《気》の蓄積を実感

足から始めて腰、背中、頭と約2時間の手当を受けたのですが、水音がゴロゴロとよく鳴り、とても気持ち良く、腰と背中の痛みはかなり楽になりました。
翌日は身体がだるく、下痢をし、尿が変な臭いでした。おそらく体調好転反応だったのでしょう。(体調好転反応についてはこちらをご覧下さい)
2日後にも温灸手当を受けたのですが、今度は顔面痛のピリピリ引きつる感覚がとれました。

まだ完全に治った訳ではありませんが、これまでのどの治療とも違い、1回の温灸で1週間くらいは身体が楽で、夜も眠れるのです。
ビワの葉温灸で自分の身体に《気》が入り、気が溜まってきたことが実感でき、何よりも「治る」という希望が持てたことに感謝しています。

ストレスに効果

腰痛に加えストレスが身体を歪め、自分で良い《気》を作ることができなくなっていたのだと思います。
先日、購入した温灸器で、ストレスが溜まった精神病患者のみぞおち部分にビワの葉温灸を当てたところ、「気持ちがいい」と大変喜んでくれました。
私もそうでしたが、ストレスの溜まっている人はたいてい、みぞおちやその周辺、裏側(背中側)が硬くなり、押すと痛がるのです。
自分の健康回復とともに、患者さんの早期回復にも役立てるよう、今後もビワの葉温灸を続けていきたいと思います。
『ビワと健康』  95年12月1日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 慢性腰痛に即効性を発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入