乳ガンの術後ケアに有効

赤坂溜池クリニック 鍼灸師 大原健司 先生 


両胸の乳ガンが胸椎の3、4番に転移し、昨年11月から通われている女性(45)がおられます。

来院時の話では、1年ほど前に腫瘍を切除したのち棒もぐさのビワ温灸に通っていたそうですが、そこでは西洋医学を否定していたためインターネットで西洋医学とビワ温灸の両方を行なっている赤坂溜池クリニックを探し当て、尋ねたとのことでした。

歩行時の僅かな振動でも耐え難い激痛に襲われたそうです。放射線治療によりやや落ち着いてはいましたが、他にも手術の影響から腕がひきつる痛みや全身のだるさ等を訴えておられ本当に辛そうでした。
当初、乳房は両方ともガヂガヂに硬く腫れ上がった状態でした。

治療は鍼による経絡調整から始めました。私が鍼治療を施す目的は、体力が落ちている、あるいは過敏に陥っている状態に対し全体療法として脈を整え改善に導くことにあります。
取穴は「復溜」「太淵」「太白」「堤鍼」とし、5、6分施しました。
次にビワ温灸を行ないました。ビワ温灸は、基本としての腹部と背中、さらに乳房の両側(手術痕)、乳房全体等に当てましたが、特に第3、第4胸椎には丁寧に当てました。
取穴は、初めのうちは奇経療法を行ない、徐々に胃経に切り替えて左足の「陥谷」に5、6秒、第2指の根元「合谷」にも5、6秒、セットで行ないました。

鍼とビワ温灸、合わせて50分くらい時間をかけました。
本人もビワ温灸器を購入され自宅でも手の届く範囲は自分、届かない部位は母親に当ててもらいケアしてこられました。
鍼とビワ温灸の併用治療を始めて6回目で背中の痛みはほぼ取れました。
また乳房の腫れも硬さが取れ、全体的に柔らかくなりました。

仕事で疲れたときに痛みが出たり、梅雨に入ってからはだるさが出ることもありましたが、それらの症状も2回程度の治療で改善しました。
初来院から8ヶ月が経過した現在、週1回治療に通い、月1回は帯津良一先生の診察を受けておられますが、「安心した」と本人が語るように精神的な安定とあいまって体の状態も安定しておられます。

気逆の状態にも有効

29歳の女性は、仕事に影響が出るほど疲れ、首の右側のリンパ腺が腫れて微熱が続いていました。
しかし、血液検査では異常が認められなかったそうで、初来院時「ビワ温灸をやってください」と本人からの要望でした。

田舎にいる母親がビワ温灸を当てているのを見ていたとのことでした。
仕事上のストレスが強く、全身がだるくて睡眠は取れているのに昼間も眠く、のぼせと足先の冷えがある、いわゆる気逆の状態でしたので、気を下げる治療を施しました。
治療は全部で5回行ないました。初回の治療後は日によって微熱が出たり出なかったりといくらか改善の兆しが窺えました。
2回目の治療後から首のリンパ腺の腫れが小さくなり始め、3回目に来られたときには腫れは殆ど消えていました。
半年間も右首にグリグリが並んでいて本人も気にしていたわけですから、とても喜ばれました。 

ただ、体のだるさは残っていました。
その後、2回来られ、だるさも完全に取れて治療を終了しました。
ビワ温灸を当てた箇所は腹部と背中、首のリンパ等です。この女性にも調整として「堤鍼」に鍼治療を行ないました。

冷え取りに有効利用

もう一人。乳ガンで左の乳房を全摘した女性(47)は手術の痕と背中にズキズキとした痛みがあり、左腕を上げ下げする際も痛んでいました。

この女性は月1回帯津先生に診てもらっており、私のビワ温灸は2回当てただけですが、自宅でもビワ温灸を続けておられることもあってか順調に痛みが軽減しています。
私の経験上、乳ガンを患った方の大半は非常に足が冷えています。足を温めるのにビワ温灸は有効です。

また、鍼治療を行なう際、おへそを温めたいときにもビワ温灸が大変重宝しています。昔からへそ灸というものがあり、冷え症や婦人科系、消化器系疾患に効力を発揮します。

脱脂綿にビワエキスを含ませ、その上からビワ温灸器を当てる方法も特殊なツボや激しい痛みのときにはとても有効です。
参考にしてください。

◎赤坂溜池クリニック内・東洋医学科
東京都港区赤坂1−5−15 溜池アネックスビル5F
TEL:03−5572−7821

『ビワと健康』  2003年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの術後ケアに有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入