鍼灸治療院ナチュラルケア

愛知県豊橋市西岩田6−16−11 TEL:0532ー69ー0661


健康情報の発展基地として積極的な活動を展開している自然食品の店「ゲンキプラスに併設する形で、新たに「ナチュラルケア」が誕生した。

待望の治療、施術部門の本格的活動である。安竹許由院長は、元来分子栄養学に精通し、マクロビオテックに基づいた食事療法の専門家であるだけに心強いことこのうえない。

父の代からの信頼と実績。活躍が大いに期待される。
  • 治療家を志したきっかけは?
    大学で食品化学を専攻し、卒業後は自然食品やサプリメントを扱う父の会社でマクロビオテックに基づいた栄養指導を行なってきましたが、お客さまから治療もしてほしいという要望が多く、私自身も食べ物を通じてのアドバイスだけでなくもっと人と直接関わることの必要性を感じていたこともあって鍼灸やビワ療法を学ぶことにしました。

  • こちらの治療院の特長は?
    西洋医学と東洋医学それぞれの優れた要素を組み合わせて施術している点です。
    例えば、血流計測器を用いて血圧や脈拍、流速、拍出量等を計り施術前と施術後の状態の変化をチェックしています。この計測により血液のサラサラ度をその場で確認して頂くことができます。
    手技を補うかたちで他にも超音波、ウォーターベッド型マッサージ器、ビワ温灸、電気治療器などを導入しており、症状や希望に応じたオーダーメードの施術を心がけています。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    ビワ療法の存在は人から聞いていましたが、本や『『ビワと健康』』に掲載されている難病の方々の改善例を読んでとても感激し、貴普及会の講師を招いて体験会を開かせてもらいました。それが大変好評だったことが導入の決め手となりました。
    ビワ温灸は悪性腫瘍の方にも自身をもって行なえますし、温灸器の扱いが簡単なのでご本人や家族でも行なえるという利点もあります。

  • ビワ療法による改善例を教えてください。
    ビワ温灸は鎮痛作用が優れており、ホットパックや超短波で効果が得られないケースでも鍼とビワ温灸を併用することで良い改善が得られています。
    ビワ温灸で温めた体に鍼治療を施すと痛みが速やかに取り除けます。座骨神経痛で来られた30代半ばの男性は、1回目のビワ温灸でかなり痛みが取れ、3回目には改善していました。発来院時には、人の肩を借りていたことを思うと目覚ましい改善でした。
    また、悪性腫瘍が全身に転移し痛みを訴える50代半ばの女性は、モルヒネを使っても痛みが収まらない状態でしたが、ビワ温灸を行なうと痛みが和らぐと喜ばれました。
    他にも頸肩腕症候群や顔面神経痛等でも良い効果が得られています。

  • 信条をお聞かせください。
    病気の原因に焦点を当てて治療計画を立てることです。
    表に現れた症状に捕われて必要以上の検査や治療を施すという話はよく耳にしますが、問題は、いかに原因を探り当て適切な治療を施すことができるかだと思います。
    地元では新規参入組ですが、よく『ここの治療院は他とは全然違いますね』と評価して頂き、とても有難く感じています。それと衛生面は徹底しています。
    どうぞ、お気軽にご相談ください。

◎鍼灸治療院ナチュラルケア
愛知県豊橋市西岩田6−16−11
TEL:0532ー69ー0661


『ビワと健康』  2003年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 鍼灸治療院ナチュラルケア
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入