冷房に伴うだるさを克服

静岡県浜松市  富田崇詠さん(43)

当店では、無・低農薬野菜や自然食品等を取り扱っていますが、2階のフリースペースではとくに希望される方を対象にいくつかの療法を体験してもらえるようにしています。

主な療法は光線療法、ビワ温灸、低周波の三つでお客様の状態によって組み合わせます。
これを担当するのは主人がメーンです。

まず光線療法で足を温め、次にビワ温灸で全身を温め、さらに低周波を当てるというのが通常の流れで、腰痛や肩こりの方などにとても喜ばれています。

私の担当は、もっぱらビワ温灸です。
2年前から体験指導をさせて頂いておりますが、お客様にはなかなか好評です。

そもそも、私自身がビワ温灸にずいぶんと助けられていますので今回はそれを紹介させて頂きます。
夏場、お店では冷房を入れますがオープン冷蔵庫もあったりして気をつけてはいてもどうしても足もとが冷気にさらされます。

1日が終わるころには下半身がだるくなり、とても疲れてしまいます。
このだるさがくせ者でその状態を続けるうちに本当に体調が悪くなってしまいます。
ですから、私にとっての冷えの悩みは冬場よりとにかく冷房をきかせた夏場ということになります。
この不調を改善してくれるのがビワ温灸です。

就寝前、自分の手が届く範囲で足や首などに簡単に当てるだけですが、それだけで翌朝だるさが残らずにすむのです。
もっと具合が悪いときは主人に頼んで自分の手では届かない箇所にも当ててもらいます。そうすればだるさが解消でき、翌日に持ち越すことがありません。

肩こりや生理痛も楽になりますし、本当に助かっています。
手軽なだけに冷え取りの方法として、ビワ温灸は最高だと思います。

◎自然ライフ『コスモ・レイ』
静岡県浜松市高丘東4−26−1
TEL053−438−8323

『ビワと健康』  2003年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 冷房に伴うだるさを克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入