肝臓ガンの腹水が抜けた

宮城県仙台市 高橋邦昌さん(56)

肝臓ガン(肝細胞・胆菅細胞ガンの混合型)を発症したのは平成12年10月上旬でした。

友人の病院でCT・MRI検査でガン病巣3個(3〜5cm)が確認されて、平成12年12月15日、某国立病院に入院、平成13年1月22日、肝臓30%を切除しました。

その時の執刀医に余命の話を伺いましたところ、5年後の生存率は20%と言われ愕然となり頭の中は真っ白になりました。

塞栓治療等のため、半年に一度の入退院を繰り返していましたが、今回は徐々に増え続けていた腹水のため殆ど食事も摂ることができない状態での緊急入院でした。
継続して抗ガン剤治療が始まりましたが、副作用で食事もできない状態で薬剤投与をうけたことと心理的打撃のため十二指腸潰瘍を併発してしまいました。

この間絶食し、その後別の抗ガン剤を服用、再び胃・十二指腸潰瘍を再発してしまいました。
抗ガン剤による副作用は非常に強く、全身発疹・口内出血・脱毛等、あらゆることが出て来てしまいました。

もはや抗ガン剤による治療は限界で、腹水に直接注入する方法しか無いが薬に対する反応が非常に強いので長期の投与は難しいとの話でした。
絶望感に苛まされる日々で、自分のお葬式の夢さえ何度も見たほどです。
腹水も10リットル以上溜まり、2リットル、4リットルと抜きましたが、またすぐに溜まり、妊産婦の臨月のような感じでした。

そんな折り、親友の薬剤師から漢方調剤薬局を紹介されて、その先生が東北大学大学院顔面口腔外科学分野で腫瘍免疫学を専攻されている梅津康生先生のことを詳しく話されて、紹介していただきました。

4月16日から治療が始まり5日目で今まで無かった手の甲に静脈が浮き出て、活性化し、門脈と肝臓の回復の兆しがみられ、10日目で肝臓ガンの末期的症状の腹水が殆どなくなり、食欲も増進、著しく減少傾向であった体重も徐々に回復して、治療開始から28日目で無事退院することができました。

もちろんこの間、梅津先生の指導と「がんの予防と克服ネットワーク」(通称 Be Alive)で、ビワの葉エキス温灸と健康補助食品の摂取による栄養代謝機能の改善を徹底して行ないました。

梅津先生の科学的データー分析をもとにして体質のバランス異常を科学的な治療で行なった結果、奇跡的に腫瘍マーカーも正常値(2.5以下)に近い値まで減少して早期退院に結びついたものと思います。

同病に苦しむ患者さんは、素直な気持ちで真摯にガンに立ち向かえば希望の光となって輝く日が来ると確信している今日この頃です。
この間、家族の献身的な看病と理解があったことを心より感謝しています。

『ビワと健康』  2003年6月15日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肝臓ガンの腹水が抜けた
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入