《花粉症歴18年》に終止符

神奈川県横浜市 大槻順子 さん (49歳)

18年間、春になると悩まされてきた花粉症の辛い症状から、ビワの種のお陰で解放されましたので報告させていただきます。

私が花粉症で苦しむようになったのは子供を出産した翌年(昭和58年)からです。

2月末から目が痒くなり始め、鼻水もとめどなく流れてティッシュの山ができ、夜は鼻詰まりがひどくて口を開けて眠るため喉がガラガラになりました。

当時は、今ほど花粉症が騒がれておらずてっきり風邪だと思い込んで内科を訪ねましたが、診断は花粉症でした。
洗眼液と錠剤が処方されましたが、薬を服用すると副作用で眠くなりました。
それでも、シーズンが終わると症状は消えたのでさほど深刻には捉えていませんでした。

しかし、一度花粉症になるということは、大袈裟に言うとそれより先の人生が変化することを意味していたのです。本来、清々しく気持ちの良い春の訪れが、毎年、毎年、苦痛で不快な期間になってしまうわけですから…。

苦痛から逃れるべく、花粉症のシーズン前から服用すると症状が出ないという薬を試してみたりもしましたが結局、駄目でした。
スギ花粉の飛散量によって多少軽めに済む年はあるにせよ、決して逃れることはできないのです。

まさか!と思うほどの効果

そんな私に転機が訪れたのが2年前です。
行きつけの整体院で粉末状のビワの種を紹介されたのです。

花粉症の改善例が多いと聞いて呑み始めたところ、まさか!と声を上げたくなるほど楽になったのです。
人それぞれ呑み方はあるようですが、私は添付の小さじですりきり二杯をビワの葉茶と一緒に飲むようにしています。

初めはウーロン茶と一緒に飲んでいましたが、ウーロン茶を飲み過ぎると胃が痛くなったためビワの葉茶に切り替えました。
ポットに1日分のビワの葉茶1.3リットルを入れておき、お茶のたびにビワの種を二杯ずつ混ぜるだけですが、それだけでOKです。
症状はほとんど気にならない程度に収まり病院の薬も全く必要なくなりました。

慢性の便秘も解消

ビワの葉茶はいくら飲んでも胃が痛くなるようなことはありませんし、そればかりか花粉症だけでなく慢性の便秘も改善してしまいました。
ひどい時は週1回だったお通じが簡単に改善してしまったのですから、花粉症でなくても便秘で困っている人にはビワの種とお茶がお奨めです。
私は種はシーズンだけですがビワの葉茶は年中飲んでいます。
今年も花粉症のシーズンが間近なので早めに種も呑み始めようと思っています。

ちなみにビワエキスはヘルペスに有効です。
体調が悪いと口の周りとかに湿疹が出ますが、綿棒にビワエキスを含ませて患部に塗ったり、パフに含ませてテープで貼っておくと早く改善します。
これもぜひ試してみてください。

ビワという自然の植物にこれほどまで即効性があるのは本当に驚きです。

『ビワと健康』  2003年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 《花粉症歴18年》に終止符
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入