花粉症を克服し春を満喫

埼玉県児玉郡 岡村信行 さん (54歳)

5〜6年前から花粉症でつらい思いをしてきました。

症状としては目の痒みや鼻水が出ますが、私の場合は特に目の痒みがひどく、手でこすってしまうと後が大変で、眼球の白目の部分がブヨブヨになり、目の周り全体が腫れて開けていられなくなるのです。

絶対にこすっては駄目だと分かっていても、それでも耐えきれずにこすってしまうことの繰り返しで、毎年春の季節は悲惨そのものでした。

病院で処方される点眼薬や点鼻薬はほんの気休め程度でした。
唯一、効果があるのは注射ですが、これも2週間くらいで効き目がなくなるためシーズン中は二度、三度と病院に足を運ばなければなりません。
しかも、注射を打った直後は副作用で頭がボーッとするため車の運転等は控えるよう指示されます。
仕事に差し支えないようやりくりするのも面倒な話で、時には都合がつかずに無理を押して怖い思いをすることもありました。

やはり、体質的に似ているのでしょうか、息子の安徳(中1)と賢悟(小5)も私ほどではないものの数年前から花粉症の症状が出始め、とくに下の賢悟は私と同様に病院にかかっていました。
家族を悩ます憎らしい花粉症だったのです。

ビワの種で花粉症シーズンを乗り切る

そんな状況のなか、昨年はシーズンを前にして「花粉症にはビワの種が良いらしい…」との情報を得て、試しに錠剤タイプのビワの種を取り寄せて呑み始めました。

朝20粒、夜20粒と大体1日40粒を目安に呑んでみましたが、不思議なことにシーズンに突入しても花粉症の症状が殆ど出ませんでした。
毎年、あれ程苦しんだ目の痒みが出ないうえ、注射と違って副作用も全くありません。

息子たちにも呑ませましたがやはり効果はてき面、まさに感動ものでした。
嬉しくなって親戚に話したところ、こちらも結構苦しんでいたらしく早速呑んでみたいとの返事でした。
親戚も相当良かったようですぐに追加の要望がありました。

特定の人に限らず、誰もが改善が得られるというのはビワの威力が本物である証しだと思います。
今年も花粉症のシーズンに入りますが、ビワの種という強い味方があるので安心して《気持ち良い春》を迎えられそうです。

◎新生整体院「天寿」
〒367-0245 埼玉県児玉郡神川町植竹1066−1
電話:0495−77−5057

『ビワと健康』  2003年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症を克服し春を満喫
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入