慢性の便秘を完全に克服

東京都新宿区 小林理香 さん (32歳)


長年悩まされてきた慢性の便秘が粉末のビワの種を呑むようになって改善したのでお伝えします。
便秘の症状が出始めたのは高校生のころで、これまで様々なクスリや漢方薬を試してきました。

テレビで宣伝しているような便秘薬は副作用が出てダメでした。
服用するとたちまち腹痛が起きるのです。
センナも飲みましたがこれも気持ちが悪くなりました。
高価なドイツの自然薬は最初の3〜4日効きました。でも、結局ダメでした。

フラメンコダンサーという職業柄出かけることも多く、特に旅行や行事等で環境が変わると、1週間お通じがないこともあり辛い日々を送ってきました。
そんな私がビワの種と出会ったのは3年前のことです。友人の紹介で行った占いでたまたまそこの占い師さんがビワの種を愛用しておられたのです。
60代くらいの方でした。占い師さんの「かかとや肘のカサカサが取れるわよ」という言葉にひかれ、試しに一つ購入してみたのですが、これが思いもかけず良かったのです。
市販の便秘薬にみられる服用後のお腹の膨張感は一切なく、無理なくお通じが得られあっという間に便秘と訣別できたのです。
個人差があるようですが、私の場合は小さじで1日1杯呑めば充分です。むしろ2杯、3杯と呑むと下痢気味になるくらいです。
ビワの種を呑み始めてから便秘ばかりか胃の調子も良くなり、肌もツルツルとしてきて、知人から「最近肌がきれいね」と言われました。血流が良くなっているのが自分でもよく分かります。

友人もビワの種を愛用していますが、彼女は1日2杯が適量です。
ビワの種を呑んでいると疲れがとれるそうで、夏場、汗をかいて体力が消耗したときにビワの種を切らすと大変だと話していました。

私は味が飽きないように黒豆のきな粉に混ぜたり、夏はレモン水を口に含んでから呑んだりと工夫しています。
冬にお勧めの呑み方は、牛乳を温め、きな粉小さじ3、びわ小さじ1、お好みでハチミツを加えて出来上がりです。とても美味しいですよ。
ちなみにビワの種と併用して野草茶も飲んでいます。クマザサ、クコ、ビワ、ドクダミ、スギナ、クワノハ…等々、12種類の野草がブレンドされたものです。
これを煮出して1日2リットル飲んでいますが、利尿作用に優れており、ビワの種との相乗効果が得られているのではないかと思っています。
参考にしていただければ幸いです。

『ビワと健康』  2003年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 慢性の便秘を完全に克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入