難病治療をビワで補完

静岡県港北市 Y・Nさん (男性・74歳)

9年前に子宮ガンの手術をした家内は、4年前に再発し今も治療を続けながら生活しています。

今年になって抗ガン剤を6回投与していますから、白血球が減少するなどの副作用が出ていますが、それでも血色は良く、いわゆるガンとの共存をこなせるのは7年前から継続しているビワ温灸の恩恵が大きいと感じています。

また、家内はリウマチという厄介な病を抱えています。13〜14年前から症状が出始め、4年前から病院で診てもらっています。

症状は主に手首で、指や足にも多少傾向は見られますが、不思議なことに医師が首をかしげるほど痛みは出ていません。通常ならば激痛が起きてもおかしくないケースだそうです。
しかし、痛みはなく洗濯などの家事をこなしてくれています。

ガンもリウマチもビワ温灸が作用していることは確かですが、家内のほかにもいくつか改善例があるのでお知らせします。

左脚のみ大腿部から足首まで太さが同じにみえるほど、むくみ太りしていた60歳くらいの女性は、8日間ビワ温灸を続けることできれいに改善しました。
むくみが尋常ではなかったので、施術は断ったのですが、是非ともと強く希望されるため、腰から下を中心に毎日1時間温灸をしてあげたのです。
わずか8日間での改善に本人も私も驚いた次第です。

体重が80キロあった女性(63歳)は、ビワ温灸で月1キロのペースで減量し、とても喜ばれました。
4ヶ月で4キロ減量し、体が楽になったと語っておられました。
その後、未分化ガンが腰骨にあることが分かり、私の施術は終えましたが、彼女の友人(63歳)がその様子を見ていて興味を示されました。
この方は血圧が高く、医師から「体重を減らさないとダメですよ」と指摘されていましたが、ビワ温灸を始めると徐々に減量し、数ヶ月後には「スリムになりましたね。努力していますね」と褒められたそうです。
あえて「ビワで痩せたとは言いませんでした」とにこやかに報告してくださいました。
いまも週1〜2回のペースで温灸を続けています。

8年間パーキンソンを患っている男性(53歳)は、4月からビワ温灸を始めましたがとても良いようです。
最近、顕著に声が大きくなり、すり足歩行にも少しずつ改善が見られます。
パーキンソンには特効ツボがあるわけではありませんが、この方に限っていうと後頭部への指圧や温灸が特に気持ち良いらしく有効なようです。

別のパーキンソンの男性(84歳)は便秘で困っておられました。
以前は看護士さんに掻き出してもらっていたそうですが、腰や下腹部を揉んだり、温灸を施すうちに便秘が改善し、足の具合も良くなり歩けるようになりました。
便秘は健康を害する要因です。温灸に加えビワの種も有効なので勧めています。

最後に、犬の改善例です。
知人の犬は抜け毛がひどく、食事も摂れず瀕死に近い状態でした。
老犬だから寿命とも言えそうでしたが、「患部にビワエキスを塗ると良い」との情報を得て、さっそく試しました。
すると日に日に元気を取り戻し、食欲が出て毛も生え揃ってきたのです。
患部に塗られたビワエキスを舐めていたのも良かったのかもしれません。

『ビワと健康』  2002年9月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 難病治療をビワで補完
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入