痛みを抑えるビワエキス

愛知県豊橋市 東洋理学入船療術院 伊藤正弘 院長


ビワエキスによる改善例をいくつか紹介します。

水道のホースに足が引っかかり横向きに転倒した女性(68歳)は、左膝外側に約12cmの青あざができ、腫れてとても痛そうでした。

キッチンペーパーにビワエキスを浸して患部に当て、その上にラップを被せ、タオルをのせて遠赤外線を照射するエキス温湿布を行いました。

1日5回ほど行いました。
次第に青あざの色が薄くなり、1週間くらい経つと足首に青あざが移動しました。
さらに4週間足首にエキス温湿布を続けたところ、青あざが消えきれいにとれました。
本人によると痛みは10日ほどでなくなったとのことでした。

両手に荷物を持ったまま車から降りようとした際、左足にシートベルトが絡まって右手を突いて倒れた女性(65歳)にもビワエキス湿布を施しました。
2時間ほどで痛みが和らぎましたが翌日病院で診てもらったところ、右手首から6cm上を骨折していることが分かり、石膏で固めました。
夏でしたが石膏の間からエキスを流すことでかぶれやあせもにならずにすみました。
8週間でギブスがとれ、以後ビワエキスを塗ってマッサージを続けています。2週間に4回の施術でようやく指が半分くらい曲がるようになりました。

リハビリの途中ですが良い方向に向かっています。
また、その方によると庭に散水するとき蚊や虫に刺されても、ビワエキスをスプレーして手で塗り込むと痛み・痒みがないとのことです。事前に塗っておくのも良い方法です。

私自身(62歳)のケースですが、7月初め出先でアシナガバチに刺されてしまいました。
ひどく腫れた足を見て、その家の方はずいぶんと心配してくださいました。

私は持参していたビワエキスをキッチンペーパーに含ませて患部にあてがいましたが、30分くらいで痛みは収まり、お客様も私もびっくりでした。
また、ナイフで指を切ったときはカットバンにビワエキスを染み込ませ、さらにビワの種の粉末を振り掛けて患部に貼ると痛みが取れ、治りも早いようです。
赤ちゃんのおむつかぶれには、ビワエキスを水で半分に薄めて患部に塗ってきれいになったとの報告があります。

最後に私の施術内容を紹介させていただきます。
足もみ(8年)、パルス療法(7年)、ビワ温灸(5年)、気の活用法(5年)などを出張にて行っています。

【連絡先】
電話:090−9220−0651

『ビワと健康』  2002年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 痛みを抑えるビワエキス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入