ぎっくり腰が劇的に好転

東京都渋谷区 エステティックサロン・カプア代表 峠美也子 さん

ゴールデンウィークの初日、4月28日のことでした。
家族で海に出かけ、のんびりと1日過ごしてそろそろ帰宅しようとした矢先の出来事でした。

車に積み込もうと荷物を持ち上げた途端、腰に激痛が走り思わずワッと声を上げ、その場に固まってしまいました。

耐え難い激痛に手足が震え、全身から冷たい脂汗がにじむのが分かりました。

びっくりした夫が駆け寄り支え上げようとしてくれたのですが、触れられること自体つらい状態で完全に肩で息をしていました。

「車に乗れそう?」「病院に行こうか?」「駄目なら救急車を呼ぼうか?」と矢継ぎ早に尋ねる夫に言葉を返すことさえ困難でした。

しばらくして車のドアにしがみついて立ち上がったものの、そこから身体を動かすことができません。
思い返せば、この日は朝から腰の周辺がピクピクと引き吊れる嫌な感触があり、心の中では「とうとうやっちゃった!」と叫んでいました。

さかのぼること2ヶ月、ヒール靴で転びかけた際に踏み止まろうと無理をして左足をひどく捻挫していたのです。
骨には異状がなかったものの靭帯が伸びて足首を固定する生活を強いられました。

整骨院で言われた全治2週間では全く良くならず、友人に紹介された治療院にも通い何とか普通に歩けるようになるまで1ヶ月半を要しました。
その間、左足をかばっていた右足や腰に相当な負担がかかっていたのです。
まだ万全ではないことを自覚していただけに自分の不用意さを後悔しました。

ビワ温灸で奇跡のような回復

30分くらい経ってわずかながら身体が動かせたため、「家に帰ってビワ温灸を当てる」と告げ、シートを完全に倒してもらいスローモーションのように横たわりました。

休日でもあり、救急病院にかかると厄介なことになるだろうし、何よりもビワ温灸の威力に期待を込めてそう判断したのです。
かつて扁桃腺炎でビワ温灸で劇的な改善をみた経験があり、帰宅するなり右腰に1時間ほど温灸を当てました。
しかし、その日はほとんど痛みは取れませんでした。

翌朝は6時半に起き1時間くらい当てると急速に痛みが軽減しました。それは予想もつかない改善の早さで、動きさえしなければ痛みをほとんど感じなくなりました。

本には「早くて数日、大体1週間で痛みが収まる」と書いてあり、ぎっくり腰の経験がある姉に電話で聞いてみても似たような返事でしたから、まるで奇跡をみるようでした。
完全に痛みが取れるには5日ほどかかりましたが、それでも3日でほぼ普通に動けるようになったのは驚きでした。

ちなみに、うちのサロンでは、ビワ温灸やビワの足湯等を取り入れてお客様に好評です。
また、訪問によるビワ温灸を行っていますが、今回の自分の体験を通じて動くことすら困難な方々には大変有効なサービスであると改めて実感しました。
『ビワと健康』  2002年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ぎっくり腰が劇的に好転
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入