持病の蓄膿症を克服!

千葉県松戸市 後藤整体院 後藤敏明 院長


20歳の時蓄膿症と診断されてから二十数年になります。

尤も、子供の頃から鼻の調子は良くなかったので実質的には30年以上、潜在的に鼻水と鼻詰まりを抱えてきたことになります。
20歳の時は3〜4ヶ月病院に通いましたが完全な治癒には至らず中途半端な状態で治療を止めてしまいました。

鼻水、鼻詰まりは不快ではあっても常時ではなく、また痛みもないので日常生活に差し支えることがなかったため放置してきたのですが、去年の6月、とうとう年貢の納め時を迎えることになりました。
ある日突然、臭いが感知できなくなったのです。
私は整体の仕事をしていますが部屋で使用する消臭剤が全く臭わなくなったのです。初めは消臭剤が無くなったのかと疑いましたが違っていました。

『これはただ事ではないぞ…』
そう感じて近くの医院で診てもらったところ、「かなり重症です。嗅覚が戻るのは難しいかもしれませんよ」と診断され、総合病院を紹介されました。
正直、慌てました。
総合病院でCTを撮るなどの検査を受け、幸いにも「相当悪いが戻るのではないですか」と言われ、胸をなで下ろしました。
2週間に1回の通院と自宅での投薬治療を始めました。薬の力は大したもので鼻水はピタリと止まり、鼻詰まりこそ改善されないものの一時的に臭いも戻ったのです。

しかし、簡単ではありませんでした。
1週間ほどで再び臭いが感じられなくなり、その後は一進一退。3ヶ月が経過してもレントゲン写真は真っ白で、「まだまだですね」と言われました。
鼻水はピタリと止まっても鼻詰まりに変化がないことに経過が芳しくない様が出ていました。

ビワ温灸を始め、1ヶ月余で嗅覚が戻る

そこで、何とかしようと始めたのがビワ温灸でした。
もともとビワ温灸の存在は知っていましたし、興味もありました。
インターネットで体験談等も読んでいました。
さっそく、ビワ温灸器を取り寄せ、頭や首を中心に毎日15〜30分施灸し始めました。

ビワ温灸はとても気持ちが良かったのですが、1ヶ月間は改善の兆しは見られませんでした。
ところが、1ヶ月を過ぎた頃からにわかに嗅覚が戻りだし、さらに2ヶ月が過ぎた辺りからはかつて一度もない鼻詰まりにも変化が出てきたのです。
病院で治療を受けて帰った日のことです。
くしゃみと鼻水がものすごく、2日間出続けました。
それからです。30年間、「通る」ということがなく、もはやその感覚すら忘れていた鼻がすっきりと通ったのです。
左右が交互に通る状態が半月ぐらい続き、次第に両方が通り出し、ついに完全に改善したのです。
通院を始めて6ヶ月、ビワ温灸を始めて3ヶ月が経っていました。ビワ温灸は毎日就寝前に、病院の薬もきちんと呑み続けたので相乗効果による改善だと思われます。
病院でのレントゲン検査でも白い影は完全に消えていました。

改善から1ヶ月が過ぎたころ一度だけ片方が詰まって鼻血が出たことがありましたが、それもビワエキスをティッシュに染ませて詰めておくと2〜3時間で収まりました。
それ以来、体調が悪いとき多少症状が出ても悪化することはなく今日まで順調に経過しています。

ビワ茶で下痢が改善

なお、ビワ茶も同時期から飲み始めました。
それというのも私は元来下痢症で、とりわけ朝は頻繁にトイレに駆け込むことがあったからです。
ビワ茶を飲み始めて1週間くらいは1日中お腹がゴロゴロ鳴り、その後は快調になって朝1回のトイレで済むようになりました。
毎日ポット一杯分のビワ茶を作り、1日に何杯も飲んでいます。

もちろん、整体の施術にもビワを導入しています。
手技では時間のかかるひどい肩こりや腰痛にビワ温灸を併用するとほぐす時間が短縮できますし、その心地好さが好評です。
ビワの素晴らしさを多くの方々に味わっていただき、辛い症状を改善してもらえればと思っています。
後藤整体院 (ご紹介はこちらです。)
千葉県松戸市小金上総町22−6
電話:047−312−0350
(http://www.h3.dion.ne.jp/~tgbiwa1/)

『ビワと健康』  2002年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 持病の蓄膿症を克服!