喘息の発作が収まった!

宮崎県宮崎市 治療院・無憂扇


整体とビワの葉温灸をしています。
ビワの葉温灸のみでかなり重い症状の喘息発作が改善された方がいますのでお伝えします。

この方は75歳の男性で、喘息歴は長く過去に3回救急車で病院に運ばれたことがあるとのことでした。

うちに奥さんに付き添われて来られた時は、医者から「次回、救急車で運ばれるようなことになったら間に合いませんよ」ときつく言われ、退院の許可が出ていないにもかかわらず強引に退院された直後でした。

詳しくは聞きませんでしたが、おそらく病院での毎日の検査に嫌気がさしたのではないかといった雰囲気でした。
弱々しい足取りで入って来られましたが、発作は収まっておらず肩で息をしている状態でした。

その表情は嫌々ながら来たという感じでした。

それというのも奥さんに無理に連れて来られたからです。

奥さんは、うちに来ていた五十肩の方がたった1回の施術で改善したという話を聞きつけ、事前に一人で訪ねて来られました。

「私はどこも悪くないけどビワを当ててください」とおっしゃるので全身にビワ温灸を施したのですが、とても気持ちが良かったようで、これなら主人にも効くのではないかと思われたそうです。

ご主人へのビワの葉温灸は首筋から仙骨まで背骨の両側を一通り当て、その後、胸椎の上部を背面、前面の順に当てました。
ご本人の反応は、軽く気持ちが良かったかなといった程度でしたが、私も奥さんも明らかに息遣いが変わっていることに気付きました。

帰る足取りもとても軽やかになっていました。

翌日も来られ、約60分しっかりビワ温灸を受けられました。
施術が終わる頃には声に覇気が戻っていました。

結局、5日続けてビワの葉温灸を受けた時点で入院していた病院での検査日を迎えましたが、結果は医師がびっくりするほど改善していたとのことでした。

医師は、『何をしたのだろう』といった表情だったそうです。
「何をやったとも答えなかったので、きっと処方した薬が効いたのだろうと思ったでしょうね」と話しておられました。

その後も、何回か来られましたが奥さんの管理がしっかりしているようで経過は良好で、たまに電話で会話をしても発作が出たという話は出ていません。

特別なツボにどうこうしたわけではありません。
それでも、きちんと改善していくことがビワの素晴らしさだと思います。

ただ、私の経験則では喘息にしろ五十肩にしろ、まめに通ってビワ温灸を続けた人ほど改善が早く確実だということが言えます。

『ビワと健康』  2002年3月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 喘息の発作が収まった!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入