ビワエキスで痔を克服

宮崎県都城市 鬼束療術院 鬼束成人 院主


平成9年頃から痔の症状に悩まされてきましたがビワ療法によって短期間で改善をみましたのでお知らせします。

私の痔はかなりのところまで進行していました。

出血がひどく下着はもちろんズボンまで染まってしまうため常にガードしておかないといけませんでした。

「市販の座薬や塗り薬で大丈夫でしょう」という医者もいれば、「手術したほうがいい」という医者もいて判断の迷うところで、無論、切らずに治せるならそれがいいわけですが、薬では何を使っても治る兆しがみられませんでした。

とりわけお酒を飲むと症状は悪化します。

それと、私の場合は精神的な影響も作用していてストレスが溜まってくると胃、肝臓、腸の働きが悪くなって便秘と下痢を繰り返し、余計に悪化させていました。

光線療法や超短波療法で対処していたものの、これだけでは完治には至らないと感じたので何かいい療法はないかと探していたところ、昨年5月、ビワ温灸と出会ったのです。

初めは遠赤外線のビワ温灸器を当てるのみでしたが、しばらくしてビワエキスを直接患部に塗ってみました。

お風呂でしっかり身体を温めたのち、脱脂綿にビワエキスをこぼれる一歩手前まで含ませて患部にあてがい、生理用ナプキンでガードしておくと、最初はヒリヒリしみるものの5分から10分経つとお尻全体が温かくなってきて、やがて出血は収まったのです。

これはいける、と直感し連日続けました。
続けてみて分かったことは、1日1回で充分であること、30分から1時間くらいビワ湿布をしておくと患部が乾燥した状態になること、さらに1〜2週間で出血そのものがなくなるまで改善するということでした。

また、このビワエキス湿布に光線療法と超短波療法を組み合わせたことで一層効果的であることも分かり、自らの体験をもとに同様の症状の方々を施術したところ極めて良い結果が得られました。
痔の方は、腰痛、肩こり、不眠症といった症状を抱え肝臓まで弱っていたり、自律神経失調症の方も少なくありません。
ですから、単に患部にのみアプローチしても一時凌ぎに終わることもありますし、特に症状の重い人は要注意です。

私自身、痔で辛い思いをして克服しただけにいろいろアドバイスできると思います。
どうぞ、お気軽にご連絡ください。

◎鬼束療術院(おにづかりょうじゅついん)
〒885-0086 宮崎県都城市久保原町十街区17号
電話:0986−22−3449

『ビワと健康』  2002年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワエキスで痔を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入