自律神経の症状を克服

北海道札幌市 大友芳博 さん (42歳)

今から18年前、結婚の翌年に起きた喘息発作が引き金となって自律神経を病むようになりました。

夜、ヒーヒーと喘鳴がして息ができないほど苦しくなりました。昼間は少し楽になるので仕事を続けていましたが、1週間ほどで限界がきました。
突然、激しい動悸がして目の前が真っ黄色になり動けなくなったのです。

職場の方に抱えられ病院に行きましたが、医師から「心臓が弱っている」と言われ精神的に強烈なダメージを受けました。

以来、度々動悸を覚えるようになりました。1日のうちに何回も動悸がして、身体が震えるのです。
動悸は突然始まります。心臓の力が抜ける感じで、ふらふらして立っていることができなくなります。
このまま死んでしまうのではないかという恐怖心で仕事もできなくなり、まる1ヶ月間入院しました。

退院後、職場復帰してもわずか2〜3日で発作が起きました。
病院で原因は心臓ではないと明言されても、それなら他に何か重大な原因があるような気がして大学病院にも行ってみたりしました。
山の中で育った私には、街中で時間に追われる仕事や生活がストレスになっていたのは確かでしたし、こうなる2年前に車で追突された後遺症が出てきたことも考えられました。

外勤から内勤に変えてもらっても発作は収まらず、精神安定剤を常時必要とする生活を続けました。
2年近くそうした状態が続いたため会社を辞め、リハビリを兼ねる気持ちで理容学校に通うことにしたのです。
やがて発作にも慣れ、発作自体出にくくなってきましたが、インターン以降お店に勤めるようになってからはさすがに疲れやすく、何度か倒れて病院に行くこともありました。

当時は3,000ボルトの電位治療器を頼みの綱に愛用していました。
しかし、それも何年か使ううちに背中に痛みを覚えるようになりました。
やむを得ず通い始めたのが整体です。週1回のペースで2〜3年通いました。首の詰まりや背骨のずれを指摘され、自分でも悪い箇所が分かるようになり症状は安定してきました。

ビワの葉療法との出会い

平成7年、家内の母親が更年期障害による入院生活で薬漬けとなり生命が危険な状態に陥りました。
体重がわずか35キロとなり、「病院で駄目なら自分たちで看たい」と考え退院させました。

様々な本を読み漁るうちに東城百合子先生の自然療法と出会い、ビワの葉療法を知りました。
ビワの生葉を用いたコンニャク湿布や棒灸を行ううちに母は徐々に元気になりました。
今では一人で歩けるほど回復しています。
当時は、付ききりで手が放せない状態でしたから、私はカイロを学びビワ温灸も始めたわけです。
どちらも母の健康回復が目的で始めたものでしたが、私自身もビワ温灸を始めてからすこぶる体調が良くなりました。
特に遠赤外線の温灸器を使うようになってからは手軽に施術ができ、毎日苦にならずに続けられるようになったのです。
腰から背中、肩甲骨、肩を重点的に当てると抜群の効果を実感します。また、ビワ温灸独特のヒーリング効果は心を落ち着かせ、眠くなるほどリラックスさせてくれるのです。
今年の夏前の検診で《境界性高血圧》と指摘されましたが、これも食事とビワ温灸で改善しました。

母には手足のマッサージのあと全身にビワ温灸をしてあげています。特に便秘が解消されるため体調が良いようです。
今は、ビワ温灸のおかげで家中が安心して暮らせていると言っても過言ではありません。
何より忍耐強く支え続けてくれた家内に心から感謝し、ビワ温灸の素晴らしさに感謝しています。
ビワ温灸の良さを多くの方に知っていただきたいと思っています。

◎理容 おおとも (ホームページはこちらです)
石川県小松市本折町134
電話:0761−22−0130

『ビワと健康』  2001年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 自律神経の症状を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入