愛犬の皮膚疾患が改善

愛知県日進市 清水智枝子 さん (49歳)


大切な家族・愛犬の麻理鈴(まりりん・6歳)とぷりん(3歳)のお腹にできた湿疹がビワ温灸で改善されたのでお伝えします。
母犬・麻理鈴はこれまでに4回お産をしていますが、年齢とともにお産の負担が大きいのか、腹部全体にブツブツと湿疹ができるようになりました。

痒がって掻きむしり、汁が出てとてもかわいそうな状況でした。アトピー性皮膚炎を疑って病院で診てもらいましたが、そうでもないらしく飲み薬と塗り薬が処方されました。

そのうち、娘犬のぷりんのお腹にも湿疹が出始め、女の子なのに恥ずかしいくらいボリボリと掻くようになりました。

親子なので体質が似ているでしょうし、あるいは食事が影響しているからかとも考えましたが、原因はつかめませんでした。
薬を飲ませてもすぐに湿疹は出てきます。
かといって副作用が心配ですから積極的に薬を飲ませるわけにもいかず、塗り薬もベタベタして嫌がるためやめてしまいました。
私はアロマテラピーをしていますのでラベンダーにホホバオイルを加えて塗ってみました。

効果はありました。
ところが、犬には匂いが強過ぎるらしく嫌がって隠れるようになりました。

打つ手を失い困っていましたが、ふと、『ビワと健康』でビワ温灸を行う動物病院が紹介されていたのを思い出しました。
人間同様、動物の病気にも優れた効果を発揮しているとのこと。
それに、主人がヒーリング音楽を流しながら自分の身体に温灸を当てていると彼女たちも興味があるらしく部屋の中を覗きに来るのです。
いいかもしれない…。
主人も私もピンときて顔を見合わせました。

どちらの犬もビワ温灸がお気に入り

犬は最初が肝心です。
もし熱かったりして怖がると二度とやらせませんから、尻尾の辺りから慎重に当てました。
一ヶ所にはせいぜい10〜12秒。尻尾から背骨に沿って順に7ヶ所くらいと首筋や頭部にも温灸を施しました。

結果は予想以上でした。
とても気持ちが良いらしく、親子ともすぐにビワ温灸が好きになりました。
毎晩、主人がビワ温灸を始めると自分も当ててもらいたくて側に寄ってくるようになったのです。
温灸を当て始めると目がト〜ロンとして、そのうち閉じてしまいます。
面白いのは娘犬のぷりんで、温灸が終わるや否や決まって走り回り、パタッと寝てしまうのです。
まるでポパイのほうれん草状態、気分が高揚するみたいなのです。
人間に比べて身体が小さいぶん効き目が早く出るのかも知れません。
温灸を始めて3日目で毛艶が良くなり始め、お腹の湿疹も徐々に引いてきました。

ビワ温灸開始から1ヶ月半が経ち、最近では大股開きでお腹にも温灸を当てさせます。まさに安心しきっているのです。
主人、犬の親子、そして私の順で毎晩、温灸の心地好さを堪能しています。

ビワ温灸の併用でリフレクソロジーの施術にもいっそうの効果

私は、英国式の痛ギモとユニバーサルと呼ばれる超ソフトなリフレクソロジーを行っています。
ユニバーサルは、超ソフトなだけに前段階の施術が良くないと効果が出にくい難しさがありますが、ビワ温灸を行った後にユニバーサルを施すとアルファー波がすごく出るのです。
ビワ温灸の導入でリフレからユニバへの繋がりがスムーズになり、100%入り込むことができるようになりました。

ある女性のお客さまは、施術後あまりに調子がいいのでアルファー波を測定したそうで、「最高値だったわ」と電話をくださったほどです。
手軽で安全、しかも効果は絶大。ビワ温灸は、人間にも動物にも優れた自然療法だと思います。
◎ヒーリングサロン BLUE ROSE
愛知県日進市香久山2−3009
電話:052−805−0261


『ビワと健康』  2001年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 愛犬の皮膚疾患が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入