野々宮治療院

千葉県市原市八幡1312−1 TEL:0436−41−5414


高齢者が安心して通える治療院をコンセプトに開業時から有効かつリスクの少ない療法としてビワ温灸を取り入れている野々宮治療院。
鍼灸師である野々宮光昌院長を支える秋江夫人は、長年看護婦として沢山の患者と接してきた医療現場のベテランである。夫婦二人三脚の施術はどのように行われているのか。話を聞いた。

  • 治療院開設のきっかけは?
    もともと東洋医学に興味を持っていましたが、直接的にはリストラを機に一念発起して鍼灸師になりました。
    30数年看護婦を務めてきた妻や保健の教員である娘の影響もあったと思います。

  • 患者さんの傾向を教えてください。
    高齢者がメーンです。町内在住の方が大半で7〜8割が女性です。
    症状として多いのは腰痛、肩こり、膝痛等です。

  • どんな施術が受けられますか?
    鍼、ビワ温灸、整膚(せいふ)が三本柱です。症状によってはモグサ灸やパルス(低周波)治療も行います。

  • 整膚とはどんな療法ですか?
    指圧の逆で皮膚を引っ張る療法です。経絡に沿って皮膚を引っ張ることで気の流れを整え血流を促します。骨がもろくなっている高齢者の身体に負担を与えない利点があります。

  • 施術の流れを教えてください。
    まず鍼で筋の緊張をほぐし、次にビワ温灸を施し、最後に整膚を行うのが通常の流れです。各15分程度の施術です。
    ビワ温灸は家内が担当しますが、看護婦を務めた期間が長かったことから事情を理解してくれる話し相手という観点でも喜ばれています。

  • ビワ温灸導入の経緯は?
    鍼灸を学んだ際、授業の中に棒モグサを用いたビワ温灸がありました。千葉は全国有数のビワの産地ですし、開業にあたり他でやっていない特徴的なものをとの思いがありました。
    ビワ温灸はとても気持ちが良く、即効性があります。治療にはこの《気持ち良い》という要素が重要で、改善条件の半分を占めているといっても過言ではありません。

  • どんな改善例がありますか?
    乳ガンを手術した40代の方は、1回のビワ温灸で引きつりの痛みが軽減しました。喉頭ガンを手術した60代の方も首の腫れがひいて喜ばれました。こうしたガンの術後のケアや再発予防、痛みの抑制に有効だと思います。
    もちろん、腰痛、肩こり、膝痛等でも好評です。
    また、喘息気味で薬を服用していた方が、希釈したビワエキスのうがいで良くなった例もあります。
    私自身、毎年1月末からエキスに漬けたビワの種を2粒ずつ食べることで毎年悩まされる花粉症の症状がでませんでした。

  • 最後に信条をひとこと。
    信頼関係が第一です。患者さんの立場になって施術することを最も大切に考えています。

『ビワと健康』  2001年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 野々宮治療院