肋間神経痛の痛みが緩解

神奈川県 健康サロン代表 K さん 

整体を柱にした施術を行っていますが、ビワ療法を導入して以来、その相乗効果によって様々な症状で良い結果が得られています。
いくつか紹介させていただきます。

最初に紹介する方は、52歳の女性です。
この方は、当初、五十肩を患って来院されました。
整体とビワ温灸を併用した施術を重ねることで五十肩の痛みが取れ、その後は定期的に月1回通われていましたが、昨年1月、予約の日でもないのに突然駆け込んで来られました。
先に施術を受けていた方を押し出すほどの勢いで、切羽詰まった様子。
聞けば、「呼吸ができない」とのことでした。

前夜から息苦しくて眠ることができず、整形外科で診てもらったところ、「どこも何ともない」と言われたそうです。
何ともないと言われても本人は息苦しくてたまらないらしく、息を吸うことはできても吐くことができないと訴えました。
彼女の話を聞きながら、肋間神経痛じゃないかな…との思いがよぎり、「息苦しくなる前日に身体を冷やしませんでしたか?」と尋ねてみました。
「そういえば前の日、外套を着ないでコンビニに行ってものすごく寒かったんです」との返事。ほぼ間違いないと確信しました。

いざ、ビワ温灸を始めるにもベッドに横になるのがやっとという感じで、本当に辛そうでした。
まず、うつぶせの姿勢で30分施術し、とくに心臓の裏には丁寧に温灸を施しました。
驚いたのは、施術を始めて間もなく彼女がウトウトと眠り始めたことです。
さっきまであれほど息苦しく寝ることもできないと騒いでいたにもかかわらずです。

一通りの施術が終わってみると、深く呼吸をすると少し痛む程度に収まったとのことでした。
とても感激され、「先生を頼ってここに来て、本当に良かった」と喜んで下さいましたが、「明日、具合が悪かったら連絡を下さいね」と念を押して帰っていただきました。
翌日、午後になって連絡があり、「何ともない」とのこと。
もう1回だけビワ温灸を行って、終わりとしました。

ビワの葉茶でダイエット

次に紹介する方は50歳の女性です。
この方は、昨年3月から通われていますが、ビワの葉茶で便秘が改善し、見事にダイエットに成功しました。
通い始めた当初からビワの種(粉末)を呑み始め、半年経った頃からビワの葉茶も飲み始め、その二つを併用しだしてから変化が顕著に現れました。

ビワの葉茶を飲み始めて間もなくでした。
「毎日便通があるけど大丈夫でしょうか」と心配そうな電話が入りました。
無理からぬ話かもしれません。
長く便秘している人にとっては毎日お通じがあることがむしろ異常に感じられるのでしょう。
安心して続けるよう勧めてから半年、便秘解消の効果は絶大でした。
徐々に身体のむくみが取れ、15号サイズの洋服を着ていた彼女が11号を着ることができるようになったのです。
便秘薬は一切やめビワの葉茶だけでいいとのことで「11号サイズになったから新しく洋服を買ったの」と教えてくれた彼女の笑顔ははじけていました。

お肌のケアにも活用

もう一人、20代の女性のケースを紹介します。
うちのサロンではつけマツゲや植えマツゲも行っていますが、この方は月2回のペースで通っておられます。
4月のある日、目の周りをピンク色にして来られました。
もともと吹き出物が出やすい方ですが、この時は体調(特に内臓)が良くなかったのでしょう。病院で処方された薬を塗ってかぶれてしまい、代わりにオロナイン軟膏を塗っているとのことでした。
口の両端も口角炎になり、切れて汁が出ている状態で、「治らないの…」と困った顔をしておられました。

正直、こんな体調の時に刺激の強いマツゲパーマをすべきか否か、トラブルの可能性を考えて躊躇する気持ちもありました。
そこで、マツゲパーマをかけている間、脱脂綿にビワエキスを染み込ませ、目の下と両口角に貼り付けておきました。
にきび肌の方がいつもこの方法でツルツルになって喜ばれていたからです。
この時も45分間、ずっと貼り付けていましたが、施術が終わって剥がしてみると目の下の赤みも口角の汁もきれいにひいていました。
たとえリスクを負ってでも美しくありたいと願う女性の心理は普遍であり、不変です。
ビワ療法はそのリスクを補うばかりか、むしろお肌のケアでは積極的に活用でき大いに役立つということです。
実際、施術中にビワエキスの即効性に感激し、買い求めて行かれる方が少なくありません。

花粉症にビワエキス

ほかに印象的な改善例として、花粉症があります。
ビワエキスを愛用しているお客さんの一人が、「先生、知ってる?」というのです。
「綿棒にビワエキスを染み込ませて鼻の穴の中をグリグリやると鼻詰まりや鼻水の症状がすぐに収まって、丸1日もつんですよ」
これは、私も知らないビワエキスを使った花粉症対策だったのです。
さっそく、花粉症の方が来られると施術の間、ガーゼにビワエキスを浸して鼻に詰めてあげたところ、これが大好評。
まさにお客様から教わった目からウロコのビワ療法でした。

うつ症状の方には、整体で頭蓋骨、頚椎の調整を行ったのち、吸玉、間接灸を施しますが、最後にビワ温灸を行うと効果的に感じます。
C型肝炎、糖尿病、慢性の便秘、下痢といった症状の方々もみえます。
いずれも整体を中心にビワ温灸で補う形をとっていますが、最近は間接灸よりビワ温灸を喜ばれる方が増えてきました。

最後に、私自身の体験としてお皿を持ったまま転倒し、押すと切り口が開くほどの傷を負ったのですが、ビワエキスを塗ることで病院に行かずに治すことができました。
ビワエキスは万能で、各種炎症や痛みの改善にはこれさえあれば大丈夫という気持ちです。
以上、特徴的な改善例を紹介させていただきました。

『ビワと健康』  2001年7月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肋間神経痛の痛みが緩解
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入