痔の激痛をビワ温灸で克服

群馬県富岡市 K さん (女性、48歳)

今年の正月、身体を冷やして風邪をひき38℃以上の熱が3日続きました。

発熱とともに激しい下痢に襲われ、1日10回くらいトイレに行くありさまでしたが、その直後からとんでもない痔の痛みに苦しむことになりました。

もともと痔は長く、いわゆるイボ痔(痔核)の症状があり、お風呂で脱肛を押し入れてもすぐに出てきてしまうのですが、今回ほどの痛みはかつて経験したことがありません。
その痛みはまるで火が付いたような激しさで、座ることはもちろん横になっていても痛むため病院で処方された飲み薬や塗り薬が切れてくると夜はほとんど眠れない状態でした。
触れてみると飛び上がるほど痛み、大きく腫れているのが分かりました。

痔がビワ療法で改善したという記事を読んだ記憶があり、ワラにもすがる思いでビワの関連商品を扱う会社に相談したところ、局部へのビワ温灸を勧められました。
私がビワ療法に出会ったのは2年前です。

平成8年に交通事故に遭ってムチウチ症を患って以来、首、喉、肩、肺、胃腸の調子が思わしくなく、おまけに更年期障害も合わさって病院での「異常なし」の診断とは裏腹に、ずっと不調を抱えてきたのです。
そうした中でビワ温灸を知り、愛用するようになったのです。

アドバイス通り、腫れた痔の患部に直接温灸を行いました。
局部に当てて間もなくジワーッと痛みが和らぎ、ウソのように痛みが消えました。
患部周辺を含め30分程度当て、再び痛みが出てくるとまた繰り返すというやり方で1日3〜4回行いました。
それを3日続けたところで少し長く座っていられるまでに痛みが小さくなり、4日目からは午前1回、午後1回のビワ温灸で済むようになりました。
1週間で我慢できる痛みに変わってきて、10日目には腫れはあっても痛みはほぼなくなりました。

もちろん、朝のトイレ後に消毒シートで拭くなど清潔を保つことも念入りに行いましたが、ザクロのように硬く腫れて飛び出していた痔核も柔らかくなり、小さいのが二つにまで収まりました。
激しく痛む時期は娘が温灸をしてくれました。
2月いっぱいまで時々当てるようにして、お陰で全く支障のない状態まで回復をみることができました。

私の痔は冷え症が多分に影響していると思われるため、療養で温泉に行くことがあります。
ある温泉では、ドクダミ酒を販売していました。
飲むと身体に良いし、原液を痔の患部に塗ると即効性があると言われて試したのですが、刺激が強すぎてかぶれてしまいました。
これもビワ温灸できれいに改善しました。
結局、あれこれ迷わず、ビワ療法一本でじっくり根治を目指すのが近道ということかも知れません。

角膜潰瘍が改善した

それから、私がビワ温灸を始めたころの体験ですが、角膜潰瘍が良くなったことをお伝えします。
兄を亡くした悲しみでひどく泣いた後、目にゴロゴロとする違和感を覚えました。
初めは泣きすぎたせいだろうと思っていましたが、1週間が過ぎてから痛くて、眩しくて目が開けられなくなりました。
よく見ると黒目の中にポツンと白い斑点があり、病院では角膜潰瘍と診断され点眼薬など3種類の薬が処方されました。
しかし、なかなか治らないため別の治療院に行ってみました。

そこの先生は、体力や免疫が落ちたときに出やすい症状と判断し、背中に吸玉をしてくれたのですが、これが大変でした。
11ヶ所が水膨れ状態になり、ヒリヒリと痛んで寝ているのも辛いのです。
そこで、このときもアドバイスをいただいてビワの葉を煎じてガーゼに浸し、患部に貼りました。
これがとても有効で、3日目にジグジグが乾いてカサブタになり、4日目にポロポロと剥がれて落ちたのです。
目の周りにも温灸を行いましたが、痛みが鎮まるのがよく分かりました。
このとき、「ビワって効くんだなあ」と実感したこともあって、今回の痔の件でもアドバイスを求めた訳です。
いずれの症状も、痛みが軽減すると温灸も面倒になりがちですが、いざとなればビワがあるという安心感は大きいと思います。

◎痔にお悩みの方はこちらもご覧ください。

『ビワと健康』  2001年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 痔の激痛をビワ温灸で克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入