頸肩腕症候群の痛みが解消

埼玉県朝霞市 篠原真知子 さん (35歳)

パソコンを使う仕事の影響からか昨年の秋、首筋から肩にかけて痛みを覚えるようになりました。
筋肉のコリが毎日少しずつ蓄積していたのでしょう、無意識のうちに肩を動かすことを億劫がっている自分に気づいたのです。
自覚してからは日ごとに痛みが増し、肩を上げようとするだけでズキズキと痛み、そのうちに指先までビリリッと痺れを伴う痛みが走るようになりました。

放っておけなくなり整形外科を訪ねました。
診断は、近年流行の職業病「頸肩腕症候群」でした。

理学療法としてマッサージと電気治療を受け、服用薬には鎮痛剤と炎症緩和剤が処方されました。
その後、整形外科には2〜3回通ったきり行くのを止めてしまいました。
痛みが消えたからではなく、むしろ思うように改善しないもどかしさと多忙であったのが理由です。
そこで、私が試したのがビワ療法です。

ビワエキスを患部に塗り、カイロを当てて温めました。
ビワエキスは以前、母の病気に有効な自然療法はないものかとインターネットを通じて探した際、海外で用いられるレートリル療法に代わるものとしてビワ温灸があることを知り温灸器と共に入手しました。

すでにビワの効果は温灸で実感していましたから、私の症状にもそれなりの威力を発揮してくれるだろうと期待したのです。
整形外科の医師が話した「ほぐすといい」という言葉をイメージしながら首筋から肩にかけて、また肩甲骨の下など痛みのある箇所を中心にビワエキスを塗り、カイロで温めました。

医師には「長くかかりますよ」と言われていただけに早くても2〜3ヵ月と覚悟し、毎日風呂上がりにこの療法を続けました。
ところが、改善は期待以上に早く得られました。
明確に「この日から」とは言えないのですが、徐々に楽になり2〜3週間ほどで完全に痛みがなくなりました。

途中、旅先で自転車を運転したりして痛みが増すこともありましたが、おおむね順調な回復でビワエキスを全く塗らなくなるまで1ヶ月かからなかったのです。

無論、いわゆる職業病ですから無理をすればこの時ほどではないものの症状が出ることもあります。
しかし、早め早めにビワエキスを塗るようにすれば大丈夫です。
症状や改善には個人差がありますが、私と同様の環境下にある方にはお勧めできる自然療法だと思います。
試してみてください。

『ビワと健康』  2001年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 頸肩腕症候群の痛みが解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入