子供の皮膚疾患が改善

東京都世田谷区 小野佐和子 さん (39歳)

もうじき2歳になる息子のお尻に赤い発疹ができました。
初めは10円玉くらいの大きさで、ただ赤いだけで痒がる様子もありませんでした。

前日はまったく気付かなかっただけに「何だろう?」と不思議に思っていましたが、そのうちに赤みが増して円の縁の部分が粒状に少し盛り上がり、少し離れた箇所にも2粒ほど発疹ができ、初めの円形の発疹とつながってしまいました。
トビヒとは違うのですが、わずか数日で明らかに拡大の兆しを見せていました。

子供にみられるトビヒは結構厄介で、他人にうつるため保育園などは休ませないといけなくなり、私ども共働きの家庭では辛いものがあります。
過去にトビヒで苦い経験をしたことがあるだけに神経質になりました。
かかりつけの小児科医で診てもらったところ「アレルギー性のもので他人にはうつりません」と言われて一安心、塗り薬をもらって帰宅しました。

保育園に登園許可証を提出し、毎日薬を塗りましたが一向に改善の兆しは見られませんでした。
薬が合わなかったのだと思います。治るどころか日に日に拡大し、あっという間に2倍くらいの大きさになってしまいました。
試しにビワの葉ローションを塗ってみました。
しかし、余計に赤みが増したように感じられ1回きりで塗るのを控えました。

10日過ぎたころ、保育園で指摘され、再度小児科に行って事情を話したところ今度はステロイド系の薬が処方されました。
「強い薬なのでなるべく薄く塗って下さい」
そう言われて嫌な気持ちがしましたが、さすがに良く効き、症状は収まってきました。
朝晩、塗りました。しかし、もう少しで完治しそうに見えてどうしても治り切ることがないのです。

それから1ヵ月が過ぎたころ、息子が風邪をひいて熱があったため入浴させなかった日を境に再び拡大が始まりました。
紙おむつを別のメーカーのものに変えたのもタイミングが悪かったようです。
発疹の出ている場所が腰に近いためゴムで締め付けられて擦れるのです。
発疹の面積は、当初の4倍以上に拡大してしまいました。
ステロイド剤を使い切ったところで再度小児科で事情を話しました。
「これ以上強い薬はちょっと…」と言われ、結局同じ薬が処方されました。

やむなく負担の少ない紙おむつにかえ、薬を塗り続けました。
けれど、もはや以前のような効果は得られませんでした。
拡大こそ抑えられても決して治っている感じではなく、むしろ痒がるようになってきました。

ビワ葉ローションで症状が徐々に改善

発症から2ヵ月半が過ぎ、やがてその薬も使い切りました。
効き目の薄れたステロイド剤をさらに使うことはさすがに躊躇し、疑問も湧いてきました。
大人よりはるかに新陳代謝が激しい子供なのにどうして治らないのだろう。
ステロイド剤が自ら治ろうとする自然治癒力を抑え込んでしまっているのではないか?
遠回りしてでも自然治癒力が働ける状態にする必要があるのではないか?

そう考え、もう一度ビワの葉ローションを塗ってみました。
カット綿にしっかり染み込ませ、捻挫用の粘着布シートに載せ患部に貼りました。
すぐ赤みが増しましたが、よくよく様子を見ていると次第に症状は改善しているようでした。

2日経ち、3日経ちするうちに「ああ、これで治る」と確信が持てました。
ステロイド剤で無理矢理封じ込められることに抵抗していた湿疹がビワの力に素直に従い自然治癒力の働きで元の状態に戻ろうとしているように感じ取れたのです。

3ヵ月が経ったところで、あれほどしつこかった発疹はすっかり消えてなくなりました。
やっぱり、ビワは凄いと思います。

『ビワと健康』  2001年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子供の皮膚疾患が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入