花粉症にはビワの種!

神奈川県川崎市 斉藤倫子 さん (33歳)

20歳のときから花粉症で悩まされています。

目の痒み、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが主な症状ですが、私の場合、まず目にきます。

結膜炎から始まって鼻水、鼻詰まりと続き、くしゃみも加わって悲惨な状態に陥ります。

アレルゲンはスギとヒノキ。毎年2月中旬から5月初旬まで憂鬱このうえない期間を過ごしてきました。
20歳の年と翌年は体質改善の注射をしましたが全く改善は得られず、それ以降は点眼薬、点鼻薬、飲み薬に頼ってきました。
私の体験では、妊娠と花粉症の時期が重なると多少症状が軽くなるように感じます。

症状が軽くなるといってもくしゃみや鼻水は大変なものですが、薬に頼らなくてもどうにか耐えられるということです。

もちろん、妊娠中ですから薬は呑めませんから点眼薬、点鼻薬のみで我慢することになるのですが、例年よりは軽く感じました。
4年ほど前、病院の同僚(看護婦)からビワの種を紹介されました。

焙煎した種は、人によっては食べにくいとのことですが、私にはむしろ香ばしく美味しく感じられました。

1日6〜7粒を朝と夜の2回食べ、さらに症状の重いときは昼間も摂るようにしました。

薬に頼らなくても済んだ…

効果としては目に違和感はあるものの充血が抑えられ、ステロイドの点眼薬は使わずに済みます。
また、くしゃみや鼻水も出るには出ても深刻ではなく、点鼻薬、飲み薬どちらも使わずに済むのです。

ちょうど風邪のひき始めといった程度の症状で花粉のシーズンを乗り切ることができます。
私は薬の副作用が出るタイプではありませんが、それでも薬に頼るのは決して得策とは思えません。

便秘にも威力発揮

また、ビワの種は花粉症とともに便秘にも良いことを知りました。
ひどいときには1週間お通じがないこともありましたが、種を食べていると毎日お通じがあり、体調もとても良いのです。

つくづく自然のものだと感じさせられます。

『ビワと健康』  2001年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症にはビワの種!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入