花粉症はもう怖くない

大阪市中央区 坂上孝子 さん (35歳)

4年前から花粉症の症状が出始めました。
2月、3月が特にひどく、目の痒み、頭重感、喉のイガイガ、くしゃみ、鼻水など毎年春先になると一通りの症状で悩まされます。

私はアレルギー対質ではありませんが、結婚後、数年経ってからいきなり症状が出始めたので、おそらく東京から大阪に移り住んだことの環境の変化やストレスが原因になっているのだろうと思います。
東京に住んでいた時は下町で環境的には恵まれていました。

しかし、大阪に来てからは国道が近いせいもあって排気ガスは相当なものでした。
花粉症の症状が出始めてからは、自分なりに対策を講じました。

空気清浄器の設置はもちろんこまめな洗顔やうがいを徹底し、布団や洗濯物を取り込む時も、外出先からの帰宅時も衣類にブラシをかけるなど万全を尽くしました。
それでも容易には苦痛から逃れられません。
私にとって最も辛いのはドーンとくる頭重感、そして目の痒みです。
いくら辛くても薬に頼るのは嫌で懸命に耐えていたのですが、イライラしてくるのが自分でもよく分かりました。

一昨年の春、初めてビワの種を試してみました。
ビワ療法については、かつてお義母さんが乳ガンの激しい痛みで苦しんでいた時期にビワ温灸をしてあげてずいぶん喜ばれた経験がありましたので、その良さは確信していました。

どうやら花粉症には種に効果があるらしいというので初めは焙煎した種の粉末を呑んでみましたが、私には呑みにくく、一瓶終わったところで錠剤タイプに切り替えました。
これがビックリするほど有効でした。
毎朝20粒ほど呑んでおくと不思議と目の痒みが収まり、あの辛い頭重感も全くないのです。
鼻水、くしゃみは多少出るのですが支障と感じるほどではありません。

このビワの種との出会いはまさに感激もので、以来どこかで花粉症で困っているという話を聞くと、お節介の虫がムズムズし始め、とにかくその効果を話したくなるのです。
無論、昨シーズンも毎日呑み、苦しむことなく乗り越えました。

今年もいよいよ本格シーズン到来、巷ではスギ花粉が例年の2倍飛散するだろうとの情報で騒がれていますが、ビワの種さえあればもはや怖いものなしという感じです。

『ビワと健康』  2001年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症はもう怖くない
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入