腰痛、高血圧が改善

千葉県柏市 野口剛勇 さん (62歳)

ビワ温灸を行うようになって5年ほど経ちますが、腰痛や高血圧などで良い効果が得られたので紹介させていただきます。

私の腰痛の原因は、高校時代に遡ります。転倒した際に腰を打ち、激しい腰の痛みと共に脚の付け根から指先まで感覚がなくなり、右足全体が完全に麻痺してしまいました。
整形外科では「第5腰椎すべり症」と診断され、低周波による治療が施されました。

若かったからでしょう、3ヶ月ほどで麻痺はとれ腰の痛みも消えて、それから40年間痛むことはありませんでした。
ただ、人間ドックを受けたおり、「腰椎がずれています。腰が痛くて仕方ないでしょう?」と尋ねられたことがあります。

その時は、「いえ、全然痛くありません」と澄まして即答したものです。
ところが、55歳頃から長時間歩くと右足に痺れを覚えるようになり、さらに脚の付け根に痛みが出始めました。
やがて僅か10分歩いただけで休憩せざるを得ない状態となり、やむなく整形外科に行きました。

「やはり第5腰椎すべり症によるものでしょう。牽引すると余計に痛みが出る可能性もあるのでなるべく歩いて筋肉を付けるようにしてください」
古傷の再発だけに下手にいじれないと判断されたのか、かといって筋肉が付くのを待ちながら、ただ歩いているというのも心許ない話です。
また、50歳頃から血圧が高くなり、降圧剤を飲んでいたこともあって年齢による身体の変調をいやがうえにも自覚しました。

毎日のビワ温灸で着実に改善

何とか楽になる方法はないものか、そう考えていた矢先、家内が勤め先でビワ温灸の話を聞き、実際に体験してとても気持ち良かったというのです。
さっそくビワ温灸器を取り寄せました。
就寝前の1時間、家内が基本のツボを中心に温灸を施してくれました。

毎日休むことなく続け、6ヶ月過ぎたあたりで身体が軽くなり歩くのが辛くなくなりました。
その後は自分で当てられる範囲を週2〜3回のペースで継続しました。
脚の付け根に痛みが出ても、温灸を当てるとすぐに収まり翌日は平気で歩けるのです。
だんだん痛みは小さくなり、5年が経過した時には完治していました。

高血圧にも効果!

脚の完治と併せ血圧の方も安定してきました。
かつて下が95上が140だった数値が、下50、上100となり、降圧剤が不要になったのです。
主治医の「降圧剤をやめましょう」という言葉はとても嬉しいものでした。
10年ぶりに薬の厄介にならない生活を取り戻せたのは、脚や腰のツボに加えて血圧に関係する肩、首のツボにもコツコツとビワ温灸を続けてきた成果だと思います。

薬をやめて3年。現在は下70、上120で落ち着いています。
血圧の安定にはビワ温灸と共にニンジンジュースが奏効していると感じます。
2年前、貴普及会主催の講演会で石原結實先生がニンジンジュースの効能を話されました。(石原先生の講演はこちらです。)
翌日から飲み始め、今も続けています。ビワとニンジンの相乗効果で安定している気がするのです。
腰痛と高血圧の改善でビワ療法の素晴らしさを体験した私は、講習会等にも参加して同療法について学ぶようになりました。

肺ガンの痛みを抑制

一昨年11月、友人が肺ガンを宣告されました。
駅の階段で息切れを覚えて検査を受けたそうですが、小細胞ガンという種類で手術をするとかえって転移が早まるという理由から抗ガン剤治療を始めました。
ご家族から後に聞いた話では、「3ヶ月もたない」というのが主治医の見解だったそうです。
一回目の抗ガン剤投与の後、私はビワ温灸をしてあげました。入院後も何度か訪ねて温灸をし、その後はご家族が毎日ビワ温灸を行いました。

医師の言う3ヶ月を過ぎ、結局友人は9ヶ月生きることができました。
61歳の若さでしたので無念の一言に尽きますが、闘病中、医師は「抗ガン剤以外に何か他のものをやっていませんか?」とガン細胞の進行の遅れを不思議がったといいます。
もう少し早ければもっと効果が得られたのではないかと残念に思いますが、ビワの成分に含まれる鎮痛作用によるのでしょう、ご家族からは「痛みで苦しまずに過ごせました」と感謝の言葉をいただきました。

今後も自身の健康維持と併せ少しでも多くの方のお役に立てるようビワ療法の普及に努めていきたいと思っています。

『ビワと健康』  2000年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰痛、高血圧が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入