ビワエキスのパック療法を活用

奈良県吉野郡大淀町 上野整体治療所 上野勝治 代表 (59歳)

私の治療所では操体法と筋2点療法をメインに施術を行いますが、1年半前にビワエキスを用いた温熱療法を導入し、さらに実績が上がっています。
私がビワの葉療法に着目した第一の理由は、その温熱効果です。
かねてより、施術をより円滑に行う手段として腹部を温めることを検討していたのですが、タイミング良くビワの葉療法と出会いました。

ビワエキスとホットパックを組み合わせる

うちで用いているのはビワエキスとホットパックを組み合わせた方法です。
クッキングペーパー2枚にビワエキスを染み込ませ、腹部全体を覆います。その上からエキスの蒸発を防ぐためラップを被せ、さらに厚手のタオルを被せます。ホットパックを載せ、最後に遠赤外線の温熱が効率良く浸透するようバスタオルで包み込みます。
この状態をしばらく維持します。その間に回転操体法で足指を1本ずつほぐし、血液の循環を良くします。大抵の人は下半身が冷えていますから、施術のアプローチは足元から始めることになります。
気分がほぐれたところで筋2点療法を用いて両腕の施術に移ります。操体法とビワエキス・パックの相乗効果で緊張が和らぎ仮眠状態に入っています。
こうして下肢から上肢にかけて約20分施術をし、エキスパックを外してうつぶせになってもらい全身療法にはいります。この時点で、圧痛点の大半が収まっていることがほとんどです。
もちろん症状に合わせて患部にビワ温灸を行うこともありますが、あくまで補助的手段としてビワ療法を活用しています。

抜群のリラックス効果

エキスパックの利点は、何より身体が芯から温まることにありますが、大半の人が寝てしまうことからしてリラックス効果は抜群ですし、さらにビワエキスに含まれる成分の働きにより内臓、消化器系への鎮痛効果もかなりのものです。
冷えに起因する便秘などはいたって簡単にとれてしまいます。
うちではビワ療法を施術のメインにおいているわけではないので、具体的な改善例を挙げることはできませんが、非常にうまく併用できているのではないかと自負しています。
◎上野整体治療所
奈良県吉野郡大淀町下渕765
電話:0747−53−2070

『ビワと健康』  2000年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワエキスのパック療法を活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入