鼻炎、糖尿病等で威力を発揮

熊本県熊本市江越 リラクセーション・ガーデン 杉原健 院長 (37歳)

うちでは整体とリフレクソロジーを中心に施術を行いますが、ビワ温灸を導入してからアレルギー性の症状や内臓疾患等で一層効果が上がっています。
ビワ温灸による改善例をいくつか紹介します。

昨年9月、30代の女性が胃の不調を訴えて訪ねてきました。
マスコミ関連の仕事でパソコンに向かう時間が長く、多忙な上に神経を使うことが多くストレスがかなり溜まっている様子でした。

また、アレルギー性鼻炎があって常に鼻がグズグズしていたので腹部、鼻の両サイド、後頭骨(首の付け根)を重点にビワ温灸を施しました。

効果はてきめんでした。ビワ温灸の温もりが心身のリラックスをもたらし、鼻のグズグズは初回の施術でなくなりました。

もっとも鼻炎は完治したわけではなく、しばらく時間が経つとグズグズし始めるので現在も定期的に通っておられます。

この女性の紹介で来られた30代半ばの女性は、腎臓結石の痛みとアレルギー性鼻炎のある方でした。
ビワ温灸で腎臓からくる鈍い不快感がスーッととれ、鼻炎の方も軽くなったととても喜ばれました。

糖尿病にも驚くほどの効果

糖尿病の男性(40代)は、どうしても食事がコントロールできず血糖値が上がって体調がすぐれないと訪ねてきました。

週1回のペースで2ヶ月間通い、その後は回数を減らしてさらに4ヶ月間通われましたが、その半年間で病院で驚かれるほど数値が下がり、体調も良くなりました。
「意欲が湧いてきてゴルフを始めました」と語る笑顔は、当初の疲れ切った姿とはまるで別人でした。

たいていの場合、リフレクソロジーとビワ温灸を併用するとより効果が上がります。もちろん、腎臓病の場合など足裏の反射区を考慮しながらビワ温灸を当てるようにしています。

尿管結石の違和感にも

ビワ温灸を取り入れて1年2ヶ月になりますが、私自身ビワ温灸にはずいぶん助けられています。
尿管結石で右横腹が痛んだ際、鎮痛剤で抑えてなお違和感が残っていましたが、ビワ温灸できれいに違和感がとれました。
風邪にも腹痛にも有効で、何かにつけて頼っている状態ですし、様々な症状でこれからも沢山、改善報告ができると思います。

◎リラクセーション・ガーデン
熊本県熊本市江越1−8−22 シュワルエッセ2階
電話:096−370−8255

『ビワと健康』  2000年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 鼻炎、糖尿病等で威力を発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入