生命を支え続けたビワ療法

東京都多摩市 関口佐由利 さん (60歳)

1996年2月、主人が勤務地だったロンドンで肺ガンを告知されました。

日本と違いイギリスでは患者本人に告知がなされます。
運悪く肺動脈のすぐそばに腫瘍が出来ていてレントゲンに映らなかったのと腫瘍マーカーも正常値だったことから「仕事が一段落したら手術しよう」と判断したらしく、私には何も伝えぬまま半年間放置してしまいました。

ようやく仕事にメドがつき、同年9月に帰国しました。
東北大学の肺ガン専門病院に入院して検査を受けたところ、心臓にくっつく形で両肺の中央にどんぶり大の腫瘍が広がっていることが分かりました。

もはや手術は不可能で、抗ガン剤の直接投与と放射線治療を施すほかに手だてはなく、「あと2ヶ月、年内一杯はもたないでしょう」と告げられました。

抗ガン剤を投与すれば当然、副作用が出ます。
弟が「ガンにはビワがいいから…」と濃縮エキスを送ってくれたので、医師に内緒で毎日10ccを薄めて飲みました。

不思議ですが副作用が抑えられるばかりか、しばらくするとガンの腫瘍が縮んできたのです。
出が悪くなると言われた尿も採りきれないほど出ましたし、食欲も旺盛で体重は2キロ増えました。

そんな状況下、「2ヶ月、3ヵ月は生きられるかも知れないので自宅に帰りなさい」と医師に言われ、帰宅することになりました。
帰宅後、2ヶ月が過ぎても主人は元気でした。
もう2ヶ月過ぎても、また2ヶ月過ぎても、さらに2ヶ月過ぎても元気で、事情を知らない近所の人から「一時帰国ですか?」と尋ねられるほどでした。

ずっとビワエキスを飲むことしか知りませんでしたが、本屋でビワ療法の本を見つけ棒灸も始めました。
ビワ温灸とビワエキスを毎日続けたところ、驚いたことに翌年の検査では腫瘍マーカー、血圧とも正常値で血液検査もほとんど異常が見られませんでした。
「おかしい、水が溜まっていない」
医師にすれば首をひねる状態が続きました。けれど、事実肺に水が溜まる様子はなく、痛みを訴えることもありませんでした。
棒灸とビワエキスが効いていたのだと思います。
ほかに健康食品等いろいろやりましたが、「僕はどうせ死ぬから何でも食べさせて」というのであちこち食べ歩きもしました。

心地の良い遠赤外線のビワ温灸器

1997年秋、棒灸から煙の出ない遠赤外線の温灸器に切り替えました。
主人はとても気持ちが良いらしく、温灸を始めて30分もすると必ず眠ってしまいました。
その年も無事に越すことができました。
年が明けて、私が流感で寝込んでしまいました。
主人にうつしてはいけないと思い、2週間ビワ温灸をお休みしました。ようやく回復してビワ温灸を再開しましたが、その時主人はフラフラし始めていました。
いま思えば、その2週間のブランクが命取りになったのです。間もなく異変が起き病院で検査を受けましたが、血圧は30〜60、脳死の状態になりました。

観光会社に勤めて海外に11の会社を作り、最後はヨーロッパ社の責任を担っていた主人はまさに仕事をやり尽くして65年の生涯を閉じました。
最後の言葉は、私をスチュワーデスと勘違いしたらしく、「少し眠るからロンドンに着くまで起こさないでくれ」というものでした。
モルヒネも使わず、酸素吸入もせず、「最後の3ヶ月は入院する」と断言した医師の言葉もすべて覆して穏やかに旅立ちました。

余命2ヶ月と宣告されながら足掛け3年、庭木をいじったり、ドライブをしたり、食事に行ったり、24時間、毎日一緒に遊んで暮らした期間は本当に幸せでした。
東北大の医師は奇跡としか言いようがないと驚いていましたが、苦しみとは無縁の闘病生活を送らせてくれたビワ療法には心から感謝しています。
『ビワと健康』  2000年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 生命を支え続けたビワ療法
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入