子供の花粉症が改善した

山形県寒河江市 太田香日 さん (40歳)

現在10歳の息子は、5歳の時から花粉症で辛い思いをしてきました。

5歳になるまで花粉症らしき症状は出ませんでしたが、その年はスギ花粉の飛散量が非常に多く、初めて目の痒みを訴えました。

子供のことですから痒いとなれば後先考えず掻きむしり、真っ赤に充血した目は悲惨なものでした。
「スギ花粉によるアレルギー性結膜炎です」
そう診断され、以来、毎年春先になると薬に頼る生活を続けてきました。

今年もスギ花粉の当たり年でしたから大変でした。
目の痒みだけでなく鼻詰まりもひどく、薬で抑えても夜眠れない日々が続き、「化膿性結膜炎」と診断されました。

そんな状態ですから薬は片時も手放せません。
ですが、風邪で小児科にかかった際、いつも眼科で処方される2種類の薬を見せたところ、「非常に強い薬なのでうちでは出せません」と言われ、さすがに怖くなりました。

案の定、小児科で処方された薬は初めだけですぐに効かなくなりました。弱い薬では駄目なのです。

「強い薬だけど一時季のものだから…」
自分の心に言い訳しながら眼科に行き、薬を処方してもらいました。

ビワの種を呑んだその夜に効果を実感

そんなやるせない状況のなか、知人が「それならビワの種を試してみたら」とアドバイスしてくれ、錠剤状のビワの種を40粒ほど分けてくれました。

「試してみる?」
息子に尋ねると、めずらしく即座に「ウン」と答えました。ほんとは息子も薬が嫌だったようです。

症状が症状だけにさほど期待はしなかったのですが、ビワの錠剤を呑んだその夜から明らかに様子が違いました。
鼻詰まりがなくなり、朝までぐっすり眠れたのです。

これには息子本人が効果を実感し、「もう薬は要らない」というのです。
こうと決めると譲らないところがあって、その日には親の心配をよそにビワの錠剤を5粒だけ呑んで学校に行きました。
帰宅後、尋ねると「全然平気だった」との返事でした。

自然のものになぜこれほど即効性があるのか不思議でしたが、とにかくその日から鼻詰まりも目の痒みもなくなり、本当に薬が要らなくなりました。

ビワの種が切れると症状がぶり返すので知人に頼んで錠剤を取り寄せ、朝晩5粒ずつ呑み続けました。
自然のものだから副作用がありません。これは育ち盛りの子供の身体にとって、非常に大切なことだと思います。
終わりのない闘いにようやく一条の光明を見い出した気がします。

夫の胃痛も改善

息子の劇的な改善を目の当たりにして、夫もビワの錠剤を呑み始めました。
夫は以前から胃もたれがひどく、脂っこいものを食べなくてもいつも辛そうにしていました。
それでいて検査では異常はないのです。

波動水を飲むなど本人なりに症状を軽くする努力をしてきましたが、これにもビワがてきめんでした。
ビワの錠剤を呑んだ翌日から胃が痛まなくなったのです。朝起きた時が最も調子が悪いのですが、何ともないと言うのです。
痛みが消えたばかりか身体が疲れにくくなり、息子ともどもすっかりビワのファンになってしまいました。

思いもかけない素晴らしい効果に、ビワの種を紹介してくれた知人に心から感謝しています。

『ビワと健康』  2000年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子供の花粉症が改善した
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入