子供の喘息に軽減の兆し

神奈川県藤沢市 斉藤紀子 さん (38歳)


5歳になる娘は、2歳頃からアトピー性皮膚炎の症状が出始めました。

全身カサカサで、病院を点々としてステロイド剤等をもらいましたが思うように改善しませんでした。

一昨年11月、現在通っている病院で保湿剤を処方され、いくぶん症状は和らぎましたが最近はまたかんばしくありません。

喘息の発作は、3歳半頃から出始めました。遺伝的要素に加え、下の子が生まれたことでのストレスなどが原因に考えられます。

一進一退という感じではありますが、そうした中にもビワの葉療法によって改善の兆しがみられます。
ビワの葉療法は、テレビで知りました。最初はコンニャク湿布をしていましたが、偶然訪ねた鍼灸院で遠赤外線の温灸器の存在を知り、購入しました。

昨年4月から6月にかけて、毎日のように当てました。
一番の変化は、赤ちゃんの時からほとんど汗をかかずトイレが遠かった娘が、10日ほどで汗をかくようになり、トイレに行く回数が増えたことです。

ビワには利尿作用や解毒作用があると言われますが、それを感じました。
喘息は、夜寝る前に背中や胸、足などのツボに当てておくと楽になります。

主人の場合、仕事でパソコンを使うことから慢性的な肩こりに悩まされ、少々揉んでもコリは取れません。これにもビワ温灸が良いようです。
40分くらい当てると翌日は相当肩が軽くなるようで、「気持ちいい」を連発しています。当てる側は疲れますから40分が限度ですが、本人は物足りなさを感じているようです。

比較的元気な私も、風邪をひいて首から頭にかけてひどい倦怠感で眠れないほど辛かった時に温灸を当て、潮がひくように楽になった経験があります。
また、4歳の息子が発熱した際は、「風門」のツボに温灸を行なうことで熱が下がりました。

いずれも劇的な改善とは言えませんが、家中でビワ温灸器を活用しています。

『ビワと健康』  2000年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子供の喘息に軽減の兆し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入