不妊症に有効なビワ温灸

福島県福島市 整体師・油井裕子 さん (44歳)


女性を対象に経絡整体を行なっていますが、2年前にビワの葉温熱療法を取り入れ本当に良かったと思っています。
経絡整体とビワ温灸はとても相性が良く、相乗効果によって沢山の改善例が得られています。

印象的な改善例の一つに不妊症があります。
去年10月、元気な男子を出産した31歳の女性は子宮内膜症でした。
結婚から4年が過ぎても子供に恵まれず、病院の治療はもちろん整体や漢方薬などいろいろ試されたそうです。

子供を授かりたい一心で糸口を探しておられましたが、始めて来られたときの身体の調子は生理痛がひどく、冷え症でした。
多くの女性がそうであるように若いころは健康よりもファッションが優先で、冬でも薄着していたことを反省しておられました。

ビワ温灸では、「湧泉」「三陰交」「八髎穴」「照海」「命門」「腎兪」「志室」「胃兪」などのツボを重点的に施術しました。
月2回で3ヶ月、合計6回施術したところで妊娠が分かり、去年10月めでたく出産となりました。

もう一人、25歳の方は週1回で8回続け、期間をあけてさらに2回、合計10回の施術で待望の妊娠となりました。
この方は、結婚は一昨年。年齢的には焦る必要はないのですが、去年2月に死産だったことで相当ショックを受けておられました。
病を癒す前に心を癒すというのが私の信条です。女性同士という安心感もあったと思います。信頼関係を土台に施術を重ねることができました。
いよいよ6月には出産、我がことのように待ち遠しく感じます。

乳ガンの細胞が退縮

ガン細胞が退縮した方もおられます。年齢は40歳。10年前に乳ガンの手術をしましたが、去年再発しました。
病院の治療を続けながら去年5月からビワ温灸を行なっていますが、昨年10月の検査の際、レントゲン写真を見た医師が一瞬言葉を詰まらせたそうです。

悪化しているのかと不安を覚えたそうですが、結果はその逆。
医師はガン細胞が小さくなっていることに驚いていたのです。
去年2月の検査でも退縮がみられ、「これまでやった民間療法の中でビワが一番いいみたい」と喜んでおられました。

この方は、お友達の紹介でした。そのお友達にも改善がみられます。
年齢は48歳。病院で更年期障害と診断され、内服薬と湿布薬が処方されましたが、改善はままならないという状態でした。
過去に3回事故に遭っていて、後遺症の影響もあるかも知れません。
筋肉、靭帯が固まり部位が特定できないほど身体中に痛みがあり、家事がはかどらないとこぼしておられました。
車の運転も動作が鈍く、危なく見えました。根気強く2年間通われ、今では自転車にも乗れるまで回復されています。

こういう方には全身の経絡にビワ温灸を施します。
時間もつい超過しがちですが、喜んでいただけることが私自身の喜びですので極力そうしています。

整体ハウスゆい 福島県福島市瀬上町字沢目11−2 電話:024−553−5058
『ビワと健康』  2000年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 不妊症に有効なビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入