花粉症がビワの種で改善

東京都武蔵野市 齋藤和美 さん (48歳)

私はアレルギー体質で、冷房や暖房のきいた部屋に急に入ると咳き込んでしまいます。

出産によって体質が変わり、十数年前からは咳だけでなく、くしゃみも頻繁に出るようになりました。
保護者会など集会の場でひどく咳き込んだり、あるいは連続して出るくしゃみのために中座したことも何度かあります。

外出時にはのど飴を携帯し、それで間に合わない場合は水道を見つけてうがいをします。
咳とくしゃみ。それだけで十分つらいのに7年前からは花粉症にも悩まされるようになりました。

杉花粉の季節には1日中鼻水が出て、ティッシュが手放せません。

知らないうちに鼻水がタラーッと垂れていて、その姿を見た夫は「百年の恋も冷めるよ」と幻滅していました。
風邪と花粉症が重なるとさらに悲惨です。

咳、鼻水、涙、くしゃみ、頭痛…。
顔全体が隠れる大きなマスクをして、もはや生きた心地がしません。
風邪をひくと面倒なことになるので注意しているのですが、気管支が弱いらしく毎年寒い季節には1〜2度ひいてしまいます。

ビワ療法と出会ったのは6年前です。
花粉症のツボにしばらく温灸を当てましたが、期待したほど効果が感じられなかったため続けることができませんでした。
その翌年、ビワの種で花粉症が改善される例が多いことを聞きました。

免疫力を高めて改善

種を食べるだけなら簡単だからと励まされ試してみましたが、焙煎した種はどうしても食べにくく続けられませんでした。
その後、種を粉末にしたものが出ました。一応試してみましたが、これも味が苦手で食べることができませんでした。

「ガンの改善例だって多いビワ療法だけど、私に合わないのかなぁ…」
そう思っていたところ、新しく錠剤タイプのものが出ました。
これまでの経験からあまり期待しませんでした。
ところが、意外にこれが食べやすく初めて続けることができました。

錠剤タイプを食べだして、初めてビワの良さを実感しました。
すでに杉花粉の季節は終わっていましたが、アレルギーの諸症状がいくぶん軽くなったのです。
効果を確信し、花粉症の対症療法という観点ではなく免疫力を高めて体質改善を図る目的で続けてみようと考えました。
また、夫にもガン予防のため毎日一緒に食べてもらうことにしました。

朝晩、1日15錠を目安に1年ほど続けましたが、最大の利点は風邪をひかなくなったことです。
私にとって、風邪は諸々の症状を誘発する元凶ですから、とても嬉しいことでした。
今年は、花粉症のシーズン真っ只中にあって症状は明らかに軽く、もちろん忌まわしき鼻水タラーッもなくなりました。
飛散量が多い日には多少くしゃみが出ますが、そういう時は錠剤を多めに摂ると大丈夫です。

夫はビワ酢も気に入り毎日飲んでいます。
体調も良さそうですし、これからも夫婦でずっと続けていこうと思っています。

『ビワと健康』  2000年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症がビワの種で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入