高血圧がビワ酢で安定

東京都多摩市 関口佐由利 さん (60歳)

ビワ酢を飲み始めて1ヶ月半になりますが、身体の調子が良いので報告させていただきます。

私は十数年来、自覚症状のない高血圧です。

数値は、上が130〜140で問題ないのですが、下はいつも90〜100。

病院で検査を受ける時に限って数値が高いため「白衣症」ではないかと言われたこともあります。

しかし、家系的に高血圧の傾向がありますから、単に精神的な原因ではなく、やはり因子が関係していると思います。
サイレントキラー。「自覚症状がないぶん危険」と指摘する医師もいて、これまでいろいろ健康食品のたぐいを試しました。

クエン酸やカキ酢などを試してきましたが、酢の物が好きな私であっても、お世辞にも飲みやすいとは言えませんでした。

とりわけクエン酸は飲みにくく、天然醸造のカキ酢の方がましですが、ビワ酢に出会ってからはそれまでの酢を使った健康飲料に対する認識は一変しました。

天然の玄米酢をベースにしたビワ酢は、飲みやすいと言うよりはむしろ非常に美味しいのです。

1日2回、30ccのビワ酢を6倍の水で薄めて飲みますが、ついついお代わりしたくなるほどです。
ビワ酢を飲み始めてから、多少睡眠不足でも動悸がするようなことはありませんし、階段を昇るのも100段や200段はへっちゃらで、疲れにくいのです。

ここ数年、母親の介護や人間関係によるストレスで疲れ果て、高脂血症・中性脂肪の数値も高くなっていましたが、お陰でようやく落ち着きつつあります。
ビワ酢を飲む以前は、母の介護にビワ温灸をしてあげていました。

残念ながら、先日母は他界しましたが、闘病の期間中どれほどビワ温灸に助けられたか知れません。
1日1時間、温灸を当てると痛みから解放されとても喜んでくれました。

花粉症にも抜群の効果

また、ビワの種の粉末では、私の花粉症が楽になりました。
私の場合、30年間も悩まされ続けた花粉症ですから症状も半端ではありません。

目玉を取り出してゴシゴシと洗いたくなるほど痒く、杉花粉が飛ぶ頃には外出もままならないのです。
目や鼻ばかりか皮膚まで痒くなるものですから、外出時はすぐ車に乗り込みドアからドアといった感じでした。

今年もすでに杉花粉は飛んでいるようですが、状態は良好です。
もっとも、ビワの種の粉末だけで効果が得られるのに、さらに今年は粉末をビワ酢に溶かして飲んでいるのですから効き目も強いはずです。
多少のくしゃみやかゆみはあっても、これを飲めばダブルパワーで直ちに収まります。

母を失い、本当を言うとまだ気持ちの整理もつきませんが、これからは自分自身にビワ温灸を当てながら健康維持に役立てていきたいと思っています。

『ビワと健康』  2000年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 高血圧がビワ酢で安定
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入