アレルギー性鼻炎を克服

福岡県福岡市 柳 邦子 さん (46歳)

私は長い間、アレルギー性鼻炎に悩まされ点鼻薬を切らしたことがありません。
年に4〜5回は掛かりつけの病院で漢方薬も処方してもらっています。

また、8年ほど前から肩こりがひどく、特に腕の付け根付近はコリを通り越し、疼痛で起きているのも辛く感じるほどです。

整形外科では原因が判らず、痛みを抑えるはずの内服薬も効果はなく、かえって胃をこわす始末でした。
十字式と呼ばれる気功のような方法で背骨側から気を入れてもらうと大抵3〜4回の矯正で肩の痛みは収まるのですが、これには保険が利かず場所が遠いことも難点でした。

去年の春、友人からビワ療法の話を聞きました。
私の場合、花粉症の時期はもちろん、年中鼻風邪をひいているような状態です。

しかし、薬を長く続けると効き目が鈍って量が増えたり、副作用の害が心配されます。

花粉症にも肩こりにも

その点、ビワは自然のものですから安心です。
いろいろあるビワ療法の中から私はビワの種の粉末を試してみました。

朝昼晩の1日3回、小さじに一杯呑み始めたところ間もなく鼻づまりが収まり、肩のこりや痛みも次第に消えていきました。
アレルギーと肩こり、そしてビワの種。その因果関係は分かりませんが、とにかく楽になったのです。

長年お世話になった耳鼻科、整形外科、十字式。いずれも必要がなくなり、治療にかかる費用と通う時間の両面で大助かりです。
ビワの種の粉末は呑むだけですから簡単です。ところが、一度だけ半月ほどビワの種を切らしたことがあります。
途端に鼻炎の症状が出てきたので慌てて取り寄せました。明らかにビワの種が作用していると実感するできごとでした。

胃の検診もクリア

最近は、少量でも効果が得られ、1日小さじ一杯にしています。
ビワは、内臓にも働いているようです。
それというのも、私は胃腸が弱く、集団検診のたびにかならずひっかかり、再検査でクリアするパターンをずっと続けてきました。

ところが去年の秋の検診では胃もきれいで、初めて1回でクリアしました。
ビワの種と出会ってから体調が良く、病院に通うかわりにアルバイトをする余裕ができました。

自然界の恵みに感謝するばかりですが、母が「ビワはいいよ」と言っていたことを思い出しました。
私のように記憶の片隅にビワの存在が眠っていて、ふとしたきっかけで劇的な出会いをする人は案外多いのかも知れません。

『ビワと健康』  2000年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アレルギー性鼻炎を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入