糖尿病にビワの葉茶

埼玉県新座市 平賀栄紀 さん (64歳)

平成9年11月のこと。朝、頭がモアーッとして言葉で表現しにくいほど調子が悪く、掛かりつけの医院に行きました。

血液検査で血糖値が401mg/dlと出ました。臓器等に異常はないものの健康な人の血糖値が70〜100mg/dlであるのに対し、極めて数値が高いため、三田の済生会中央病院を紹介されました。

病院に着くなり医師から「危険な状態」と告げられ、即入院となりました。

私の家系に糖尿はなく、元来、食べ物に好き嫌いのない私は和・洋・中華を問わず好きなだけ食べ、毎日晩酌を欠かさない生活を続けてきました。
実際、4年ほど前に友人が持参した糖尿病の検査紙でも全く反応が現れず、さんざん羨ましがられたものでした。

当然、糖尿病に対する知識はほとんどなく、「膵臓が弱ってインスリンが出にくくなっています。糖尿病は基本的に治らない病気ですが、カロリーをセーブすることで合併症は防げます」と語る医師の言葉に対して、「まあ、ダメならコロッと逝くだけですよ」と軽口を叩き、逆に「合併症が進むと眼底出血や脳梗塞、心臓病、足の壊疽等々を患ってコロッとどころか周りに迷惑をかけることになりますよ」とたしなめられてしまいました。

ストレスが原因

それにつけても急な症状の悪化に面食らいましたが、糖尿病の原因の一つにストレスがあると聞き、納得せざるを得ませんでした。
その頃、数年にわたる仕事上のストレスが極限に達していたからです。
入院期間は2週間。治療は食事法によるもので1日1600カロリーを維持するよう指導されました。食事は耐え難く味気ないものでした。

メニューの一例を挙げれば…。朝食は食パンと牛乳、ミカン1個。昼食はご飯と味噌汁、サラダ、かまぼこ、果物。夕食はご飯と吸い物、おかず一品、果物といった具合。
血糖値の数値が下がり始めてからは外泊が認められましたが、自宅で許されている食べ物はキャベツだけ。
「カロリーの低いキャベツならいくら食べても大丈夫だから、それで空腹を紛らわしなさい」ということでした。
つらい思いをし、何とか2週間目に入って血糖値が110mg/dl前後に落ち着き、予定通り退院を迎えることができました。
それからです、私がビワの葉茶を飲み始めたのは。

以前、友人からティーバッグのビワの葉茶をもらっていました。
「身体にいいから」という話でしたが、当時は健康に自信があってしまい込んでいたのです。
1日1600カロリーの食事を続けていると空腹でイライラし仕事に身が入りません。
ビワの葉茶を1パック煮出し、1.8リットルの瓶に入れて冷やし、仕事の合間に飲むことで紛らわしました。大体3日でなくなりますが、安価な上に味も良く、すっかり気に入りました。

退院から1ヶ月間は1600カロリーの食事を続けましたが、さすがに耐えきれなくなって時々普通食に戻し、ビワの葉茶も切れたので飲まなくなりました。
血糖値は正直です。暫くすると170〜180mg/dlに上がってきました。
まずいなぁ、とは思っても痛みがないだけになかなか食事を戻すことができず、とりあえずビワの葉茶を買って飲むことにしました。
これが、有効でした。

白髪が黒くなった

1週間から10日に1回、必ず測定しますが、血糖値は110〜120mg/dlで安定し、少々食事を摂り過ぎてもせいぜい130mg/dlどまり。測定器が壊れているのではないかと思うほどでした。
そこで、食事は普通食のままビワ茶を2パックにしてみました。濃くなった分効き目もアップするだろうと考えたわけです。
これがまた大当たり。
10年の初め頃からぐんぐん体調が良くなり、傍目にも分かるほどで、家内には「あなた、後頭部の髪の毛が黒くなってきているわよ」と意外なことまで言われました。
私の髪は早くから真っ白でしたが、たしかに家内が言うように黒味が強くなってきているのです。
もちろん、普通食に戻したとは言え極力気を付けていますし、何より以前よりストレスの度合が軽くなっていることも奏効していると思います。

喉頭ガンの進行を抑制

それにしても不思議なことです。ビワの葉茶の威力に魅せられた私は、事あるごとに友人や知人に紹介するようになりました。
薬嫌いの私が「いい」と言うものだから皆その気になって飲み始めます。
高血圧や糖尿の人に好評で、追加を言ってくる人もいて取り次ぎ店にでもなったような気分です。

とりわけ効果的だったのは喉頭ガンで放射線治療を受けていた65歳の男性です。
久しぶりに連絡した際、「喉が痛くて声が出にくい。声帯も白くなっている」と言うのです。
医者からは手術を勧められ、下手をすると声が出なくなると言われたらしく落ち込んでいました。
心配になってビワの葉茶を持参し、「ビワには副作用がないし、療法としても歴史があって効果が証明されている。試してみるといいよ」と説明しました。

しかし、彼の返事は「病院の薬があるからいい」というものでした。
やむを得ずその場はビワの葉茶を置いて帰り、その後しつこく電話で飲むように勧めました。
20回くらい電話を掛けたでしょうか、彼はしぶしぶ飲み始めたようでした。

3ヶ月が過ぎ、彼から電話がありました。
「喉の痛みがとれたよ。あれないか」というのです。
聞けば、毎朝コップ一杯飲んでいるうちに調子が良くなったとのこと。私も嬉しくなり、早速100パック入の徳用を送りました。
6ヶ月が経ちました。
声帯の白いものが消え、医者から「暫く様子をみましょう」と言われたと彼が報告してきました。

私は日本の歴史小説が好きで結構読みましたが、今思うとたびたびビワに関する記述がありました。
出会いがなければ、如何に素晴らしいものでも通り過ぎていくものです。
ですから、初めにビワの葉茶を紹介してくれた友人に感謝しています。
また、私の知るビワ関連商品は一つ一つが自然にこだわって製造されています。作り手の真心が病気を改善に導く一助となっているように感じられて仕方ありません。

『ビワと健康』  2000年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 糖尿病にビワの葉茶
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入