ものもらいにビワ葉エキス

北海道帯広市 田代孝代 さん (23歳)

わが社のM先生が出張から帰ってきた時のこと…。

出張先でイヤなことがあったらしく、疲れも溜まっていたのかカリカリした表情で、言葉もトゲトゲして何だか様子が変でした。

顔をよく見るとものもらいをもらったようで、両目が赤く腫れていました。

「ものもらいもらっちゃったの? ビワ塗ってあげるよ! 温灸もしてあげるから、ちょっと待ってて!」

私は、そう言ってすぐに準備をし、足の湧泉から温灸を始めました。

温灸が終わった時、M先生はまるで魔法にでもかかったように温和な表情に戻っていました。

ものもらいで腫れていた両目も、綿棒を使って4〜5回まぶたにビワエキスを塗ってあげましたが、温灸が終わる頃にはすっかり腫れもひいていました。

これにはM先生もビックリ!
ビワに効果があるのは紛れもない事実ですが、同時に温灸をしてあげる側の思いが効果をグンと上げるのだと思います。

「これも愛だねえ〜」
2人しみじみ語り合いました。

愛妻家のM先生、「私もビワ温灸を覚えて家でやってやろうかなぁ」と、その気になっていました。

『ビワと健康』  2000年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ものもらいにビワ葉エキス
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入