抗ガン剤治療を温灸で補完

静岡県港北市 Y・Nさん (男性・71歳)

5年前、家内が子宮ガンの手術をしました。

順調にみえた術後でしたが98年9月に再発し、99年4月までの7ヶ月間、点滴による抗ガン剤治療を行ないました。
幸い治療が奏効したようで、7月の検査ではCT画像や腫瘍マーカーの数値を見る限り完治しました。

3年前から私はビワ療法を愛好していますが、点滴が始まって1ヶ月ほどで勝手仕事や草取りができるまでに改善した家内の様子を見ながら、「西洋医学に委ねる時には全面的に委ねよう」との思いから敢えて点滴を受けていた期間はビワ温灸は控えました。

もちろん点滴が終わってからは農作業の合間をみてせっせとビワ温灸を行ないました。肩甲骨の周り、へそを中心とした腹部、腰、陰部、肛門付近などたっぷり2時間かけて温灸しましたが、家内によると背中や腰が気持ち良いらしく、特に15年以上丸みを帯びて痛みがあった背骨が楽になったとのことでした。

免疫力を高めることを目的に行ったビワ温灸でしたが、抗ガン剤治療を補う形で好結果につながったのではないかと思われます。
そう感じるのも、これまでビワ温灸を通じていくつもの改善例を目の当たりにしてきたからです。
いくつか例を挙げると、甲状腺にしこりができた50代半ばの知人(女性)は、どうしても手術が嫌というのでビワ温灸をしてあげたところ10日も経たないうちに喉の腫れが引き、手術を受けずに済みました。

また、近所の60代の女性から、「においの強いオリモノが出る」という相談を受けました。この方は8年前にも同様のオリモノが出たそうで、食事も摂れなくなって検査を受けたところ子宮ガンと診断されました。その時は漢方薬で治したそうですが、99年7月、再びにおいがし始めたのです。
2回ビワ温灸を施したところ、10日ほどでにおわなくなりました。

さらに、50代の男性はぎっくり腰の痛みがわずか3回の温灸で取れました。
そうした経験から、家内の場合も「心配することはない」と思えるのです。

ビワエキスも活用

ビワ温灸同様、非常に良いのがビワエキスです。
去年はホワイトリカーにビワの葉を漬けて4升ものエキスを作り、知り合いに分けてあげました。
オコゼや毛虫に刺された時にはてきめんですし、あせもや水虫にも良く効くと皆さん喜んでくれます。

高血圧にはビワの葉茶

ビワの葉とドクダミを一緒に煎じたお茶も飲んでいますが、高血圧に効果が出ています。
以前は下が90〜95、上が150〜170だったのですが、今では下が73〜75、上が125〜130で安定しています。
人に喜んでもらえることが嬉しくて無欲でビワ療法をやっているのがいいのかなと思っています。

『ビワと健康』  99年11月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 抗ガン剤治療を温灸で補完
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入