遠赤外線ビワ温灸器はこうして生まれた

服部ヒーティング工業(株)・服部榮市社長にインタビュー

お釈迦様の時代から続けられるビワの葉療法にハイテク技術の遠赤外線を組み合わせて誕生したビワ温灸器。
その扱い易さと優れた効用が評価され、医療機関での導入も相次いでいる。
そこで、製造元である服部ヒーティング工業を訪ね、服部榮市社長に開発の経緯やエピソード等を聞いてみた。

火鉢とお灸が発想の原点

  • 医療用具として煙や臭い、灰などの問題をすべてクリアしたビワ温灸器を開発するにはそれ相応の経緯があったと推察されますが、まずは開発者である服部社長の生い立ちからお聞かせ下さい。
    私は淡路島の出身で、18歳で大阪に出て、30歳で今の会社を興しました。生死をさまよった経験が3度もありますが、ビワ温灸器を含む遠赤外線製品開発の遠因を辿れば、5歳のときの事件が影響を及ぼしていると思います。
    生来やんちゃな私は、近所の柿を手当たりしだい採って食べ、さらに氷を食べ過ぎて食中毒を起こし、1週間意識不明になりました。点滴で命を繋ぎましたが、それ以来虚弱体質となり、いつも祖母と共に火鉢のお守りをするようになりました。
    温かくて気持ちの良い火鉢に癒されたのが、いわば遠赤外線との出会いでした。また、年寄りの会話に度々登場するヤイト(灸)も、子供心に病を治す特効療法として認識しました。

  • 様々な機器を開発する会社を設立するには、知識や経験、技術等を培う期間があったでしょうし、それ以前に素養が必要かと思います。どのようなきっかけがあったのですか?
    父親の影響が大です。父は戦前、外国から輸入した水冷4気筒のエンジンと戦車と同じ型のキャタピラを組み合わせて自家用の耕運機を作りました。自動車にも早くから乗っていましたから、私も10歳で運転を覚え、修理も実地で教わりました。県立高校で自動車部を作ったのは私が初めてではないでしょうか。人真似嫌いで発明好きの原点は、そのへんにあると思います。
    18歳で鈴木金属に勤め、12年間、電車等の設計分野で経験を積みました。

  • 医療機器の開発は服部ヒーティングを興してからですか?
    そうです。ただ、20歳のころ連日の残業で肩がパンパンに張り、室生寺の住職に大きなヤイトを据えてもらったことがあります。タオルをくわえ、棒を握って我慢するのですが、よく効く代わりに火傷の痕が膿み、えぐれてなかなか治りませんでした。若かったので身体に水分が多かったせいでしょう。ヤイトに対する新たな認識でした。

温灸器開発に9ヶ月

  • 実におっかないエピソードですが、痛みもなければ痕も残らないビワ温灸器を開発するうえでは参考になったのでしょうね。
    もちろんです。歳をとったとき自分で当てても火傷をしないヤイトを作ろうと思い立ち、昭和61年に研究に入りました。ヤイトのルーツを探ったり、棒もぐさでビワ温灸を行なう先生に話を聞いたりと、まる9ヶ月間没頭しました。ようやく完成したQ気亙匱蠅念靴┐瞳曽的にも優れていると思ったのですが、長時間当てていると腕が疲れて皮膚との密閉状態を保つ上で難点が生じました。それに、温灸は人に当ててもらう方が気持ちがいい。それらの点を改良してQ兇鮑遒蠅泙靴拭

  • 一度開発を手掛けると熱心なのですね。
    自分のために作るのですから力が入ります。それともう一つ、半月板損傷の治療を受けた際、病院側のミスで危うく死にかけたことがあります。存外私は我慢強く、痛みをこらえすぎて瞳孔が開いてしまいました。意識はあっても口が利けず、身体の自由が戻った時には医師と大喧嘩しました。
    つくづく、可能な限り人の力を借りずに健康を維持したいと思いました。医者が治せない病気を治せないものか。老人ホームでも使用できる製品を念頭におき工夫を凝らしたのです。

健康と環境がテーマ

  • 御社の遠赤外線を応用した製品は多岐にわたりますが、ビワ温灸器のように直接健康に関わるものは他にもありますか?
    むしろ、大半の製品が健康と直結しています。最初に作ったバイク等のハンドルヒーティングカバーも、冬場、手がかじかんでペンを持つのが不自由になる白バイや郵便配達バイクに採用されましたが、冷えた抹消神経を温める訳ですから健康面でも貢献しています。
    各種ヒーター、サウナ、浴室暖房等々いずれも遠赤外線の放射熱を用いた健康に役立つものばかりです。
    最近では業界のニーズに応じて半導体や液晶に応用される遠赤外線ヒーターを主力としていますが、常に人間の健康や環境問題に目を向けて、研究と製品開発に取り組んでいます。

  • ビワ温灸器と出会ってガンを難病や病気を克服したという報告は尽きることがありません。医師を含む医療従事者からの評価も高まるばかりです。それについて一言お願いします。
    誠にありがたく、感謝しております。
    愛用者のご意見をもとにQ兇皺薪戮改良を重ねてきましたが、最近は医療従事者の問い合わせも増えています。皆さまのお役に立てる努力は惜しまないつもりですから、これからも遠慮なくご意見を賜れれば幸いです。

  • 本日はありがとうございました。

『ビワと健康』  99年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > 遠赤外線ビワ温灸器はこうして生まれた