母乳量不足もビワ温灸で解決

千葉県松戸市 正宝整体院長 石井正司 さん 


整体とビワの葉温灸を組み合わせた施術を行なっていますが、最近の改善例を2つ紹介します。

7月下旬、出産後の腰痛、膝痛および母乳量の不足で来院された34歳の女性の場合、顕著な改善がみられました。

この方は、背中から腰、足先まで冷感があり、下肢(ふくらはぎ)にはむくみがありました。

いわゆる冷え症で、腎臓の後ろ側が硬く、筋肉も盛り上がった感じでした。

産後、日が浅いため整体は骨盤の微調整のみ行ない、ビワの葉温灸は姿勢が辛いというので横向きのまま行ないました。

基本のツボに沿って、中府、手の三里、合谷、血海、足の三里、三陰交、太衝、照海、腎兪、八髎穴、湧泉など1ヶ所にかける刺激を弱めにして、1時間ほど施術しました。

母乳の出を良くする意味で首から肩にかけて風池、天柱、瘂門、肩井等にも温灸を行ないました。

反応としてはわずか1回の温灸で腰が楽になり、身体全体がぽかぽかして、夜良く眠れたとのことでした。
しかし、母乳の出には、ほとんど反応はみられませんでした。

1週間後、2回目の施術を行ないました。
今度はうつぶせに寝ることができ、腰や足を中心に全身にビワの葉温灸を行ないました。
約50分の施術で、この日以降、母乳の出が良くなったそうです。
5日ほどあけ、3回目の施術を行ないました。

この時は足のツボにのみ温灸を施しましたが、温灸を始めてしばらくすると「急に胸が張ってきた」と驚きの声を上げられました。
この方は初産ということで相当なストレスがあったと推察されますが、冷え症も絡んで崩していた身体のバランスがビワの葉温灸を通じて整ったことがよく分かりました。

五十肩の痛みが軽減

五十肩で来院された女性の場合は、好転反応がみられました。
五十肩で、7月から整形外科に通っていましたが、毎日のマッサージとリハビリが辛く、痛くて眠れないほどだったそうです。
当院では、ビワの葉温灸を行ないました。ウソのように肩の痛みがとれ、ご自宅からわざわざ感謝の電話を下さいました。

一方、好転反応として頭痛が出ました。
しかし、これは少し横になっているとすっきりし、入浴後は気持ち良く休めたとのことでした。
後日、念のために勧めた病院の検査で痛み止めのブロック注射をされ、再び痛みが増しました。
その後は、継続して当院に通われ、ビワの葉温灸の施術にて順調に回復しておられます。

◎正宝整体
千葉県松戸市日暮1−15−3
電話:047−386−4876


『ビワと健康』  99年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 母乳量不足もビワ温灸で解決
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入