30年来の痰と咳がとれた

静岡県小笠郡 A・O さん (女性・69歳)


今年の春から食べ始めたビワの種(粉末)のお陰で、30年間、耐え難い苦しみを味わってきた咳と痰が出なくなり、奇跡的に救われましたので報告させていただきます。

持病のようになっていた激しい咳は、しつこい水様痰が直接の原因です。
水のように透明で粘り気のある痰は、特別な理由もなく出始め、いつの間にか切れなくなりました。

初めはさほど深刻に考えていませんでしたが、痰を切ろうとして出る咳が次第にひどくなり、夜もろくに眠れなくなりました。
喉が異様に渇き、ジュースのたぐいをやたらと飲むようになりました。

病院では鼻炎もアレルギーも認められず、鼻声だったことから一応、鼻炎の薬が処方されました。

しかし、改善の兆しはみられず、むしろ日を追って症状は悪化し、最悪時にはティッシュを1日に3箱使いました。1枚のティッシュを4〜5回使用しても3箱使ってしまうのです。
どうにもラチがあかず、手拭いを使ってみたりもしました。

医師に相談すると、「痰は出るほどいい」とのことで、これには納得がいかず、「ご飯が食べられないほど出るんですよ」と切実さを訴えましたが、それでも「いずれ止まるときが来るから、出るだけ出したら」と言われました。

しかし、10年経っても20年経っても止まることはなく、正直、見放された気持ちでした。
有名メーカーの漢方薬もずいぶん長い間呑みつづけましたし、アメリカで流行しているという卵の殻の粉末も金額にして10万円以上は呑みました。
龍角散に至っては、これまで100缶以上呑んだと思いますが、どれも十分な効果は得られませんでした。
人生に嫌気がさして、いっそ死んだほうが楽だと考えたりもしました。

今年になって健康雑誌で『ビワの種の粉末で鼻炎が改善した』という記事を見つけました。
とりあえず取り寄せたビワの種は、細かい粉状で、龍角散に似ていました。

初めは水に溶かして飲みましたが、スプーンでそのまま呑む方が効果的であることに気付きました。
驚いたのはその即効性です。
痰は朝方出やすいので、30分おきに専用スプーン1杯ずつ呑むようにするとまったくティッシュを使わずに済むのです。

午前中に7〜8杯、午後はせいぜい2〜3杯ですから、1日平均10杯呑むことで痰が切れ、咳き込むことがなくなりました。
ビワの種を服用し始めて2ヶ月あまり、夜もぐっすり眠れるようになりました。
医師は「良かったですね」と言うだけで、これまでの治療の成否については触れませんでした。

しかし、そんなことは問題ではありません。30年間続いた痰や咳が出なくなったのですから…。
心の底からビワとの出会いに感謝しています。

『ビワと健康』  99年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 30年来の痰と咳がとれた
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入