腰痛と気管支炎に効果

愛知県名古屋市 K・Y さん (女性・46歳)

18歳の長男が昨年9月から腰痛を訴え、整体に通ったり整形外科で検査を受けたりしました。

鎮痛剤を服用すると不思議に痛みは収まるものの一時的で、治ることはありませんでした。
ちょうど大学受験の追い込みの時期でしたから、原因もつかめぬまま放置せざるを得なかったのですが、椅子に座っていられないほどの痛さに本人は相当我慢を強いられました。

残念ながら志望大学には受からず、再挑戦を決めた今年3月、検査入院をしました。

小さなヘルニアがあり、神経が膨張して骨に当たっていたそうで、「今までよく頑張ったな」と医師に感心されるほどでした。

検査入院中にビワ温灸器が届き、退院後は毎日温灸を当てました。
母も私も「家庭の医学」の愛読者で、ビワの効果について知っていましたが、ホリスティック医学で有名な恒川医院で、「腰痛ならビワの葉温灸がいいですよ」とアドバイスを受け、試す気になったのです。

温灸は、基本のツボと腰痛のツボに当てました。
初めは変化が見られず、3週間を過ぎてから次第に痛まなくなりました。

整体は去年9月にやめており、整形も検査だけでしたから、良くなった理由はビワしか考えられません。
今も雨の日はいくぶん痛むので、1日おきに温灸を行うようにしています。

慢性気管支炎にも効果

中2の次男の場合は、慢性気管支炎で効果が得られました。
小6の時に肺炎にかかり、それが原因で慢性気管支炎となり、最近まで冬場は3日と開けず風邪をひく状態が続いていました。

特に中一の時は頻繁に風邪をひいていましたが、温灸を当てだしてからひきにくくなり、以前は1〜2週間続いていた発熱の期間も短くなりました。
薬を呑んでも効き目が上がったように思えますし、ビワを通じて免疫力が高まり、体質改善が進んでいるように見受けられます。

膝痛が1日で改善

最後に膝に水が溜まって痛んでいた知人について紹介しますと、彼女はビワの生葉を使ったコンニャク湿布で、たった1日で痛みがとれました。
ビワの葉温灸を勧めた際、長男の経験から、「1ヶ月はかかるわよ」と助言していたのですが、予想を覆す即効性でした。
ビワ好きの母が生葉を送ってくれるので、エキス(ビワ酒)を作って活用しています。

『ビワと健康』  99年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰痛と気管支炎に効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入