肩のシコリがとれた!

愛知県西加茂郡 林 光子 さん (58歳)


両肩にしこりができ、八重洲にある治療院でもぐさの温灸を受けたのをきっかけにビワの葉温灸を始めて5年になります。

治療院では、「2週間程度でよくなる」といわれましたが、実際には3年近く苦しむことになりました。

それでも、「ビワで必ず良くなる」と言われた言葉が心に響き、自分で棒もぐさを買って一生懸命温灸を続けました。

肩のしこりは容易にはとれませんでした。しかし、ビワの葉温灸を行うたびに肩こりが楽になり、肩こりからくる頭痛もずいぶん軽くなりました。
棒もぐさの温灸は、面倒なうえ灰が落ちるので、数年前から電気式の温灸器に切り替えました。以来、ずっと愛用しており、肩のしこりも以前とは比較にならないほど楽になりました。

また、父親の痛風でも大変効果を感じました。
足の痛みと腫れがあり、2年間ずっと腫れていた足がビワの葉エキスを塗って揉むうちに次第にひいてきました。

もちろん温灸も行いました。足の親指はじめ全身に当ててあげ、手が届く腹部は本人が当てました。

87歳。心不全でこの世を去るまで、ビワのお陰で比較的つらい思いをせずに済みました。
そんな父親の姿を見ていたせいか、主人も健康維持と称して毎日30分〜1時間、欠かさずビワの葉温灸を行っています。

フケを抑えるビワエキス

もっとも、主人が熱心なのはエキス(ビワ酒)を口に含めば口内炎の痛みが収まり、お風呂上がりに頭皮に擦り込めばフケが出にくくなるなど、具体的な効果を体験しているからにほかありません。

ほかにも、花粉症の時期にはハンカチをエキスに浸して絞り、目の上から押さえると痛みが鎮まりますし、虫刺されや打ち身、湿疹などにも効果的です。
毎日、おちょこ一杯飲めば胃の調子が良く、同時によく眠れます。

孫に人気のビワの葉茶

孫たちも、赤ん坊の頃からビワの葉茶を飲みつけているせいで、喉が渇くと「ビワ茶、ビワ茶」、擦り傷ができると「エキス、エキス」と叫んでいます。
ビワの葉エキスは人にあげても喜ばれるので、今ではエキス作りが趣味のようになってしまいました。

ビワの木は庭に1本あるだけですが、鉢植えは30本もあり、良い葉の取れる冬の時期になると毎日一瓶漬け込んでいる感じです。
今も押し入れには13リットルの瓶が十数個並んでいて、要望に応じて親戚や知人に分けてあげています。

ビワのお陰で大病をする者もなく、家族円満に暮らしています。


『ビワと健康』  99年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肩のシコリがとれた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入