花粉症にビワ種の錠剤

東京都練馬区 M・T さん (35歳)

去年の春、伊豆の別荘で花粉症になった夫は、今年も目の痒みと鼻水がひどく、つらそうでした。

ただ、今年が去年と違ってよかったのは花粉シーズンの早い時期にビワの種と出会えたことです。ビワの種を錠剤状にした商品が売られていることを知り、試してみたところ驚くほど即効性を発揮しました。

毎朝、出勤前に10粒ほど呑んでおくと日中はほぼ大丈夫。特に厄介な鼻水はピタッと止まるのです。

本人はよほど嬉しいようで花粉症の人に会うたびに「ビワの種がいいよ」と宣伝しています。
錠剤は必要最小限の加工なので安心して2歳の子供にも呑ませられます。

種を呑む以前からもビワの葉温灸は愛用しています。
紹介してくれたお手伝いさんは、ビワ温灸で素晴らしい体験をしています。

お医者さんが肝臓ガンになり、西洋医学であらゆる治療を受けたすえ、明日にも臨終という状態になったとき、病院側の許可を得て夫人と一緒にビワの葉温灸を行ったそうです。

毎日通って温灸を当て続け、1年後には退院にこぎつけたとのことでした。
最終的には糖尿病で亡くなられましたが、奇跡的な延命ができたのです。

うちの主人は不眠症になりやすいところがあります。
先日も、頭が重かったらしく、「帰宅したらビワの葉温灸をしてくれ」と連絡があり、私は温灸器を温めて待機し、帰宅するなり頭や首の付け根などに温灸を当てたところ、30分もたたずに寝てしまいました。

わが家ではこんな感じでビワの種も温灸も、大いに活躍しています。

『ビワと健康』  99年4月15日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症にビワ種の錠剤
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入