花粉症に抜群の効果

千葉県松戸市常盤町 谷村文子 さん


毎年、春の訪れとともに悩まされていた花粉症が、昨年からビワの種を食べるようになって改善され、非常に楽になってきたので報告させていただきます。

私が花粉症を自覚したのは7年ほど前です。花粉症にはタイプがあるようですが、私の場合はくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目の痒みが主な症状で、夜も眠れない日々が続きました。
横になると無意識のうちにタラーッと鼻水が出てくるので両方の鼻の穴にティッシュを詰めて食い止めます。色気も何もありません。
それで鼻水は抑えられても鼻の奥のほうは完全に詰まっていますから、呼吸は口でしかできません。
口を開けて寝ると当然口の中が渇きますから、一晩に5回も6回も水を飲みに起きることになり、睡眠不足になってしまうのです。睡眠不足で体力を消耗し、更に症状が悪化するという悪循環です。

耳鼻科では、スギ花粉によるアレルギーと診断され、市販の抗アレルギー剤を服用していましたが、くしゃみや鼻水に効き目はあるものの副作用があり、だるくて、眠くて、のどの奥もカラカラに渇いて仕事もままならないほどでした。

副作用の心配がない

そうした中、出会ったのがビワの種です。種を焙煎し、粉末状にしたナチュラルなものですが、思いのほか効果が得られました。
朝は8時過ぎ、昼は2時頃、夜は就寝前と1日3回、専用スプーンですりきり10杯飲むと不思議とくしゃみや目の痒み、鼻水が止まり、呼吸も楽になるのです。

市販薬の場合は朝晩2回でしたから、1日3回というのは効果の持続がやや短かめですが、市販薬との大きな違いは、眠気、だるさ、喉の渇きなどの副作用が一切ないということです。
大体5〜6時間で代謝する感じですが、朝呑めば1日中大丈夫という人もいるようです。私はその日の状態で量を変えていますが、症状の軽いときは3杯程度でも十分に効果が得られます。

今年はプールで鼻に水が入ったことが引き金となって残念ながら症状が出てしまいました。それでもビワの種のお陰で目は幾分ショボショボするものの鼻のほうは大丈夫です。
かつて、目の玉を取り出して洗いたくなるほどイライラしたり、外出時には頭からスッポリ金魚鉢でもかぶって歩きたいと思うほど苦しんでいたことを思い返せば、ビワの種に出会えて本当に感謝しています。

頭痛、風邪にも効果

私の主人もビワの種の愛用者です。主人の場合は、前からビワ温灸を愛用していましたが、私の様子を見て種を食べ始め、以来、手放せなくなりました。

長年、競泳を続けている主人にとっての悩みは鼻詰まりと頭痛でした。主に土曜日の夕方に練習を行いますが、ターンと背泳を行うときに鼻から水が入り、土曜の夜から日曜の午前中は頭痛と鼻詰まりでつらい思いをしてきました。
しかし、土曜の夜寝る前に5杯、日曜の朝起きて5杯呑むとまったく平気なのです。風邪の初期症状にも効果が得られ、温灸との併用にも確信を持っています。

ビワと出会い、何年かぶりに「春ってこんなに気持ちがいいんだなあ」と感じられるようになり、とても嬉しく思っています。

『ビワと健康』  99年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症に抜群の効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入